サムスン電子、史上最大実績…部品事業が牽引

サムスン電子、史上最大実績…部品事業が牽引

サムスン電子が第3四半期に史上最大の実績を収めた。部品事業の好実績が最大実績を牽引した。しかし、相対的にセット(完成品)事業は不振となった。

サムスン電子は31日、第3四半期の実績を発表した。発表によると、連結基準で売上65.46兆ウォン(約6.5兆円)、営業利益17.57兆ウォン(約1.6兆円)だった。前年同期比で売上高は5%、営業利益は3兆ウォン増加した。営業利益は四半期基準で史上最大。売上高は2017年第4四半期65.98兆ウォンに次ぐ記録だ。

半導体と有機ELディスプレイ(OLED)の販売の増加が業績好調を導いた。半導体事業は、堅調なメモリ市況が続く中で微細化とともに生産性が向上され、実績の増加に繋いだ。ディスプレイ事業もフレキシブルOLEDの稼働率上昇で実績が大幅に改善されたと同社は説明した。スマートフォン(IM)部門は、ギャラクシーノート9の販売拡大にも競争激化の影響で、スマートフォンの販売台数が前四半期の水準を維持するにとどまった。

第4四半期は、半導体市況の減速の影響で実績が下落すると予想される。しかし、ディスプレイ事業はOLEDへの需要が持続されると見られ、堅調な業績が期待される。
スマートフォン事業は、ギャラクシーAシリーズなど中・低価製品のラインナップの強化でスマートフォンの販売台数は増加すると予想されるが、マーケティング費用の増加に収益性は減少する見込みだ。

来年の場合、第1四半期は情報技術(IT)の季節的な影響で業績悪化が予測されるものの、その後はメモリを中心に業況改善が見込まれ、好調な業績が予想される。

サムスン電子は、次世代無線通信規格「5G」と人工知能(AI)などの新成長分野に対応するため、大規模投資を計画している。またチップセットとOLEDなどの部品技術力を高め、フォームファクタ革新、5G技術先導など継続成長できる事業基盤を備えていく方針だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »