サムスン電子、史上最大実績…部品事業が牽引

サムスン電子、史上最大実績…部品事業が牽引

サムスン電子が第3四半期に史上最大の実績を収めた。部品事業の好実績が最大実績を牽引した。しかし、相対的にセット(完成品)事業は不振となった。

サムスン電子は31日、第3四半期の実績を発表した。発表によると、連結基準で売上65.46兆ウォン(約6.5兆円)、営業利益17.57兆ウォン(約1.6兆円)だった。前年同期比で売上高は5%、営業利益は3兆ウォン増加した。営業利益は四半期基準で史上最大。売上高は2017年第4四半期65.98兆ウォンに次ぐ記録だ。

半導体と有機ELディスプレイ(OLED)の販売の増加が業績好調を導いた。半導体事業は、堅調なメモリ市況が続く中で微細化とともに生産性が向上され、実績の増加に繋いだ。ディスプレイ事業もフレキシブルOLEDの稼働率上昇で実績が大幅に改善されたと同社は説明した。スマートフォン(IM)部門は、ギャラクシーノート9の販売拡大にも競争激化の影響で、スマートフォンの販売台数が前四半期の水準を維持するにとどまった。

第4四半期は、半導体市況の減速の影響で実績が下落すると予想される。しかし、ディスプレイ事業はOLEDへの需要が持続されると見られ、堅調な業績が期待される。
スマートフォン事業は、ギャラクシーAシリーズなど中・低価製品のラインナップの強化でスマートフォンの販売台数は増加すると予想されるが、マーケティング費用の増加に収益性は減少する見込みだ。

来年の場合、第1四半期は情報技術(IT)の季節的な影響で業績悪化が予測されるものの、その後はメモリを中心に業況改善が見込まれ、好調な業績が予想される。

サムスン電子は、次世代無線通信規格「5G」と人工知能(AI)などの新成長分野に対応するため、大規模投資を計画している。またチップセットとOLEDなどの部品技術力を高め、フォームファクタ革新、5G技術先導など継続成長できる事業基盤を備えていく方針だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »