サムスン電子、史上最大実績…部品事業が牽引

サムスン電子、史上最大実績…部品事業が牽引

サムスン電子が第3四半期に史上最大の実績を収めた。部品事業の好実績が最大実績を牽引した。しかし、相対的にセット(完成品)事業は不振となった。

サムスン電子は31日、第3四半期の実績を発表した。発表によると、連結基準で売上65.46兆ウォン(約6.5兆円)、営業利益17.57兆ウォン(約1.6兆円)だった。前年同期比で売上高は5%、営業利益は3兆ウォン増加した。営業利益は四半期基準で史上最大。売上高は2017年第4四半期65.98兆ウォンに次ぐ記録だ。

半導体と有機ELディスプレイ(OLED)の販売の増加が業績好調を導いた。半導体事業は、堅調なメモリ市況が続く中で微細化とともに生産性が向上され、実績の増加に繋いだ。ディスプレイ事業もフレキシブルOLEDの稼働率上昇で実績が大幅に改善されたと同社は説明した。スマートフォン(IM)部門は、ギャラクシーノート9の販売拡大にも競争激化の影響で、スマートフォンの販売台数が前四半期の水準を維持するにとどまった。

第4四半期は、半導体市況の減速の影響で実績が下落すると予想される。しかし、ディスプレイ事業はOLEDへの需要が持続されると見られ、堅調な業績が期待される。
スマートフォン事業は、ギャラクシーAシリーズなど中・低価製品のラインナップの強化でスマートフォンの販売台数は増加すると予想されるが、マーケティング費用の増加に収益性は減少する見込みだ。

来年の場合、第1四半期は情報技術(IT)の季節的な影響で業績悪化が予測されるものの、その後はメモリを中心に業況改善が見込まれ、好調な業績が予想される。

サムスン電子は、次世代無線通信規格「5G」と人工知能(AI)などの新成長分野に対応するため、大規模投資を計画している。またチップセットとOLEDなどの部品技術力を高め、フォームファクタ革新、5G技術先導など継続成長できる事業基盤を備えていく方針だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  2. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  3. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…
  4. 米中対立が中華圏に飛び火している。中国による香港の国家保安法制定や台湾による最先端魚雷購入推進に米中…
  5. ドイツ連邦統計庁は25日(現地時間)、ドイツのGDPが第1四半期にマイナス2.2%を記録したと発表し…

おすすめ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  2. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  3. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  4. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  5. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
ページ上部へ戻る
Translate »