米マンハッタンの高級マンションを仮想通貨で買える… STOプロジェクトが稼動

米マンハッタンの高級マンションを仮想通貨で買える… STOプロジェクトが稼動

仮想通貨を利用して40億円台の米ニューヨーク・マンハッタンの高級マンションに投資できるプロジェクトが開始された。現地の時価で3650万ドルに達する高級マンションを担保に、「証券型トークン(Security Token)」を発行して一般人を対象に販売するのが同プロジェックトの内容。不動産はもちろん、株式や債券などの伝統的資産を担保に、適正価値を算定して仮想通貨で投資できるようにする「証券型トークン」の発行の動きが広がっている中、今回の米国発のSTOがどんな成果を出すのか、業界の関心が集中する。

■不動産トークンの取引は適格投資家のみ
海外メディアによると、「エアスワップ」という名前の同ブロックチェーンプロジェクトを率いるのはフルイディティ(Fluidity)。同社は米証券取引委員会(SEC)のSTO規制に基づいて、マンハッタンの高級マンションの持分を適格投資家(資産規模100万ドル以上、年間所得20万ドル以上)に販売し始めた。

仮想通貨の大物投資家と呼ばれるジョセフ・ルービン氏とマイケル・ノボグラーツ氏などが参加しているフルイディティは、米国の金融取引業規制機構(FINRA)の登録業者「Propellr」とのパートナーシップを通じて、今回のSTOを稼動した。同プロジェックトは、イーサリアム基盤のスマートコントラクト(条件付き自動契約)を通して所有権とトークンが生成し配布されるため、取引履歴を変造することができず、仲介手数料への負担も低い。

フルイディティは「実名認証と適格投資家の可否、資金洗浄防止の確認など、政府が定めた手続きもリアルタイムで進行することができる。またトークンの取引当事者が検証されない場合、契約も締結されない」と説明している。

■迅速に所有権を証明…仲介手数料も低く
最近、米国はもちろん、シンガポールと韓国でもトークン化された不動産資産を取引できるプロジェクトが進められている。

特にシンガポール通貨庁(MAS)とシンガポール証券取引所(SGX)が関連プラットフォームとガイドライン作りに力を入れており、不動産資産共有プラットフォーム「SA(Shareable Asset)」プロジェクトも進めている。

SAプロジェクトを進行しているブルーウェイル財団の関係者は、「ブロックチェーンを介して所有権を証明し、スマートコントラクトを活用して資産を取引して利益を分配することができる」とし「SAが本格商用化されると、不動産などの資産管理や取引において当事者間の所有権などを証明する方法と取引に伴うコストなどが大幅に改善されるだろう」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る