ヒョンビンがドラマ復帰…新ドラマで見せる魅力は?

ヒョンビンドラマ復帰新ドラマで見せる魅力は?

俳優ヒョンビンの新ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出』が12月1日に初放送された。ヒョンビンのドラマ出演は3年ぶり。

待望のドラマ復帰に同作は初回から話題を集めた。韓国メディアによると、初回の平均視聴率は7.4%で、最高視聴率は8.2%だった。ケーブルチャンネルとしては異例の数字。韓国主要ポータルサイトでも検索ランキング上位にランクインされ、ヒョンビンの人気を改めて実感させられる

劇中で投資家ユ・ジヌ役を演じるヒョンビン。大胆で冒険心の強い姿はもちろん、余裕のあるウィットに富んだ魅力的なキャラクターを見せ、初回から視聴者を魅了した。ファン絶賛の甘い眼差しをはじめ、アクション、ルックスまで何一つ欠けた所のない完璧な姿を披露し、視聴者の視線を釘付けにした。

ヒョンビンはドラマ復帰を長く待っていたファンの応援に応えるように、定石どおりの「ロマンスの神様」見せながら圧倒的な存在感を放った。視聴者からは「スペインの異国情緒あふれる風景を背景に、ヒョンビンの写真集を1時間に渡って鑑賞したような感じ」との反応が殺到している。

また、拡張現実(AR)というユニークな素材も違和感なく完璧に表現しドラマへの没入感を高めた。ヒョンビンはゲームのアイテムである銃や刀など様々な武器を使いこなすアクションはもちろん、ユーモアにあふれる演技でドラマのストーリーを牽引した。

「ファンタジージャンルも問題ない」と言わんばかりのヒョンビン。新しいキャラクターのユ・ジヌを通じて、これからどんな魅力を見せるのか関心が集まっている。

ヒョンビンの新ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出』は韓国で毎週土・日曜日の午後9時に放送される。またネットフリックスも2日より配信開始し、日本でも毎週最新エピソードが公開される。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »