Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

写真:映画「ボヘミアン・ラプソディ」のポスターより

Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

エルトン・ジョンが自著で、フレディ・マーキュリーの辛く切ない最期の姿を回想している。

エルトン・ジョン(71)は、グラミー賞を受賞したシンガー・ソング・ライター。フレディ・マーキュリーは伝説のロック・バンド「クイーン」のリード・ボーカル。二人は大変親しい友人関係にあった。

最近、フレディ・マーキュリーの人生を題材にした映画「ボヘミアン・ラプソディ」が日本で人気となっている。かなり以前に亡くなった彼を思い出したり、新たに関心を抱いた若者たちも多いという。

エルトン・ジョンによると、フレディはあの華麗な舞台での姿とは違い、プライベートを重視していたという。自身を死に至らしめたエイズにかかった事実さえも、死の直前まで大衆には知らせなかった。

ジョンは自著「Love Is the Cure」で、「フレディ・マーキュリーは、苦痛に満ちた死が近付いている事を知っていた。しかし彼は驚くべき程に勇敢だった。彼は相変わらず身なりを整え、クイーンと共に活動し、いつも楽しそうにしていた。常にそうして来た様に、大きな人物になろうと努力していた」と振り返っている。

1991年11月24日、フレディが亡くなって一週間後、友を失った悲しみに暮れていたジョンに、贈り物がひとつ届いた。それは彼の愛する友、フレディから送られた物だった。プレゼントの包みを解くと、その中にはジョンが一番好きな画家、ヘンリー・スコット・タクの絵が入っていた。

プレゼントには、「愛するシャロン、私はあなたがこれを喜ぶだろうと思っているよ。あなたの愛、メリーナより。ハッピー・クリスマス」と書かれた手紙が入っていた。フレディが生きていた頃、二人はお互いに愛称を付けていた。ジョンはシャロンで、フレディはメリーナだった。

ジョンは、死を前にした状況でも友へのクリスマス・プレゼントを忘れないフレディの気持ちのおかげで、深い悲しみを乗り越える事が出来たと話している。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界最大民泊仲介の米エアビーアンドビー(Airbnb)が新規株式公開(IPO)を準備していると明らか…
  2. サウジアラビア政府がサウジの富豪らに対し、国営石油企業アラムコのIPO(新規株式公開)時に株式の大量…
  3. 安倍晋三首相と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今月下旬開催の国連総会に出席するため、米ニューヨ…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 今年8月に日本を訪れた韓国人観光客数が前年の半分程度に急減した事が分かった。前年の数字を基準として見…

おすすめ記事

  1. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  4. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  5. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
ページ上部へ戻る