Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

写真:映画「ボヘミアン・ラプソディ」のポスターより

Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

エルトン・ジョンが自著で、フレディ・マーキュリーの辛く切ない最期の姿を回想している。

エルトン・ジョン(71)は、グラミー賞を受賞したシンガー・ソング・ライター。フレディ・マーキュリーは伝説のロック・バンド「クイーン」のリード・ボーカル。二人は大変親しい友人関係にあった。

最近、フレディ・マーキュリーの人生を題材にした映画「ボヘミアン・ラプソディ」が日本で人気となっている。かなり以前に亡くなった彼を思い出したり、新たに関心を抱いた若者たちも多いという。

エルトン・ジョンによると、フレディはあの華麗な舞台での姿とは違い、プライベートを重視していたという。自身を死に至らしめたエイズにかかった事実さえも、死の直前まで大衆には知らせなかった。

ジョンは自著「Love Is the Cure」で、「フレディ・マーキュリーは、苦痛に満ちた死が近付いている事を知っていた。しかし彼は驚くべき程に勇敢だった。彼は相変わらず身なりを整え、クイーンと共に活動し、いつも楽しそうにしていた。常にそうして来た様に、大きな人物になろうと努力していた」と振り返っている。

1991年11月24日、フレディが亡くなって一週間後、友を失った悲しみに暮れていたジョンに、贈り物がひとつ届いた。それは彼の愛する友、フレディから送られた物だった。プレゼントの包みを解くと、その中にはジョンが一番好きな画家、ヘンリー・スコット・タクの絵が入っていた。

プレゼントには、「愛するシャロン、私はあなたがこれを喜ぶだろうと思っているよ。あなたの愛、メリーナより。ハッピー・クリスマス」と書かれた手紙が入っていた。フレディが生きていた頃、二人はお互いに愛称を付けていた。ジョンはシャロンで、フレディはメリーナだった。

ジョンは、死を前にした状況でも友へのクリスマス・プレゼントを忘れないフレディの気持ちのおかげで、深い悲しみを乗り越える事が出来たと話している。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »