Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

写真:映画「ボヘミアン・ラプソディ」のポスターより

Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

エルトン・ジョンが自著で、フレディ・マーキュリーの辛く切ない最期の姿を回想している。

エルトン・ジョン(71)は、グラミー賞を受賞したシンガー・ソング・ライター。フレディ・マーキュリーは伝説のロック・バンド「クイーン」のリード・ボーカル。二人は大変親しい友人関係にあった。

最近、フレディ・マーキュリーの人生を題材にした映画「ボヘミアン・ラプソディ」が日本で人気となっている。かなり以前に亡くなった彼を思い出したり、新たに関心を抱いた若者たちも多いという。

エルトン・ジョンによると、フレディはあの華麗な舞台での姿とは違い、プライベートを重視していたという。自身を死に至らしめたエイズにかかった事実さえも、死の直前まで大衆には知らせなかった。

ジョンは自著「Love Is the Cure」で、「フレディ・マーキュリーは、苦痛に満ちた死が近付いている事を知っていた。しかし彼は驚くべき程に勇敢だった。彼は相変わらず身なりを整え、クイーンと共に活動し、いつも楽しそうにしていた。常にそうして来た様に、大きな人物になろうと努力していた」と振り返っている。

1991年11月24日、フレディが亡くなって一週間後、友を失った悲しみに暮れていたジョンに、贈り物がひとつ届いた。それは彼の愛する友、フレディから送られた物だった。プレゼントの包みを解くと、その中にはジョンが一番好きな画家、ヘンリー・スコット・タクの絵が入っていた。

プレゼントには、「愛するシャロン、私はあなたがこれを喜ぶだろうと思っているよ。あなたの愛、メリーナより。ハッピー・クリスマス」と書かれた手紙が入っていた。フレディが生きていた頃、二人はお互いに愛称を付けていた。ジョンはシャロンで、フレディはメリーナだった。

ジョンは、死を前にした状況でも友へのクリスマス・プレゼントを忘れないフレディの気持ちのおかげで、深い悲しみを乗り越える事が出来たと話している。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »