Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

写真:映画「ボヘミアン・ラプソディ」のポスターより

Queen フレディの生前最期の日々…エルトン・ジョンが明かした

エルトン・ジョンが自著で、フレディ・マーキュリーの辛く切ない最期の姿を回想している。

エルトン・ジョン(71)は、グラミー賞を受賞したシンガー・ソング・ライター。フレディ・マーキュリーは伝説のロック・バンド「クイーン」のリード・ボーカル。二人は大変親しい友人関係にあった。

最近、フレディ・マーキュリーの人生を題材にした映画「ボヘミアン・ラプソディ」が日本で人気となっている。かなり以前に亡くなった彼を思い出したり、新たに関心を抱いた若者たちも多いという。

エルトン・ジョンによると、フレディはあの華麗な舞台での姿とは違い、プライベートを重視していたという。自身を死に至らしめたエイズにかかった事実さえも、死の直前まで大衆には知らせなかった。

ジョンは自著「Love Is the Cure」で、「フレディ・マーキュリーは、苦痛に満ちた死が近付いている事を知っていた。しかし彼は驚くべき程に勇敢だった。彼は相変わらず身なりを整え、クイーンと共に活動し、いつも楽しそうにしていた。常にそうして来た様に、大きな人物になろうと努力していた」と振り返っている。

1991年11月24日、フレディが亡くなって一週間後、友を失った悲しみに暮れていたジョンに、贈り物がひとつ届いた。それは彼の愛する友、フレディから送られた物だった。プレゼントの包みを解くと、その中にはジョンが一番好きな画家、ヘンリー・スコット・タクの絵が入っていた。

プレゼントには、「愛するシャロン、私はあなたがこれを喜ぶだろうと思っているよ。あなたの愛、メリーナより。ハッピー・クリスマス」と書かれた手紙が入っていた。フレディが生きていた頃、二人はお互いに愛称を付けていた。ジョンはシャロンで、フレディはメリーナだった。

ジョンは、死を前にした状況でも友へのクリスマス・プレゼントを忘れないフレディの気持ちのおかげで、深い悲しみを乗り越える事が出来たと話している。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 19日に開かれた第11回韓米防衛費分担交渉の3次会議が予定通り進まず早く終了した。午前10時に始まり…
  2. 中国の習近平国家主席が仮想通貨について「金融詐欺」という言葉を発したことで、仮想通貨が全面安の動きを…
  3. 韓国産業通商資源部と韓国貿易協会が18日に発表した資料によると、今年1月から10月まで対日本の貿易収…
  4. 香港に駐留している中国人民解放軍(PLA)が香港の街に現れた。デモで汚くなった道路などを掃除するため…
  5. 米連邦準備制度理事会(FRB)がステーブルコインによって世界金融市場に小さくない打撃がくると警告した…

おすすめ記事

  1. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  2. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  3. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  4. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  5. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
ページ上部へ戻る