韓国IT大手カカオ、相乗りアプリの配信延期を発表… タクシー業界の猛反発に「協議し合う」

韓国IT大手カカオ、相乗りアプリの配信延期を発表… タクシー業界の猛反発に「協議し合う」

韓国IT大手カカオが新アプリ「カカオT 相乗りクルー」の配信を延期すると発表した。

アプリ「カカオT 相乗りクルー」を手かけてきたカカオの子会社カカオモビリティは11日、「試験サービスを通して、相乗りタクシーアプリが交通難の解消にどれだけ貢献できるかどうか、既存のタクシー業界にどのような影響を与えるかを綿密に検討している」とし「サービスの開始日程など相乗りサービスをめぐる懸案について、政府や国会などの関係機関、タクシー業界と一緒に積極的に議論を進めたい」と同サービスの配信延期を伝えた。

カカオが準備してきた「カカオT 相乗りクルー」は、出退勤時間に同じ目的地の運転者と搭乗者をつなげる運転者向けのアプリ。事実上タクシーを排除する新交通サービスの開始で、韓国タクシー業界は10月から数万人規模の大規模ストライキを展開するなど同アプリの配信に猛反発している。

カカオは当初、タクシー業界の反発にも同アプリのサービスを17日に強行する構えだった。しかし、10日、同アプリの配信に反対したタクシー運転手が国会議事堂前で焼身自殺を試みた。運転手は57歳の男性で、病院に運ばれたが死亡が確認された。同事件を機に雰囲気も多少変わっている様子。世論の悪化を懸念したカカオ側も今後の世論の推移を見極めるため、暫定延期を決定したとみられる。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »