習近平氏、「永遠に覇権追求はしない」

習近平氏、「永遠に覇権追求はしない」

習近平中国国家主席は18日、中国の改革開放政策の導入40年を迎え、「改革開放は、中国の運命を決定する重要な措置」と改革開放を継続的に推進していく意志を伝えた。

習主席は同日、北京の人民大会堂で開かれた「改革開放40周年を祝う大会」に出席し、「我々は新時代にも引き続き改革開放を推進し、‟2つの100年”(共産党結成100周年・新中国成立100周年)と中華民族の偉大な復興という目標を実現するために絶えず努力しなければならない」と演説した。

また「開放的で差別のない多国間貿易体制を支持すべく、貿易投資の自由化と利便化を促進し、経済のグローバル化がさらに開放的になるようにしなければならない」とし「一帯一路(中国のシルクロード経済圏構想)の建設を中心に、世界共同発展のため新しい動力を吹き入れなければならない」と述べた。

特に「我々は、国際正義を守り、国際関係の民主化を提唱しなければならない」とし「自分自身の意志を他人に強要してはならない。他国への内政干渉と見下すことに反対する」と強調した。貿易戦争を繰り広げている米国の関税報復を狙った発言とみられる。

習主席は、中国の覇権追求について「中国は決して他国の利益を犠牲にして自国の発展を図ることはしない。しかし、自国の正当な利益は絶対にあきらめない」とし、「中国は防御中心の国防政策を堅持する。中国は永遠に覇権を追求しない」と強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る