韓ビッサムにサイバー攻撃…35億円相当の仮想通貨が盗難

韓ビッサムにサイバー攻撃…35億円相当の仮想通貨が盗難

韓国仮想通貨交換所最大手のビッサムは仮想通貨入出金サービスを一時中断した。サイバー攻撃により、約350億ウォン相当の仮想通貨が盗まれたことが確認されたためだ。ビッサムは、会員が保有する全ての資産は別途の電子財布である「コールドウォレット」へ移す措置を取ったため、追加の被害はなかったと説明した。

ビッサムは20日、「告知があるまで仮想通貨の入金を直ちに中断してほしい」とし、サイバー攻撃を受けた事実を明らかにした。

同社は「損失分の仮想通貨は全てビッサムの所有分で補填する予定」とし「会員の資産は全て安全なコールドウォレットなどへ移動措置を取り保管している」と説明した。コールドウォレットは仮想通貨交換所と電子財布を物理的に完全分離し、ハッキングによる被害を遮断する役割を果たしている。通常、仮想通貨交換所は仮想通貨保有額の約7割をコールドウォレットに保管するが、ビッサム側は最近不正な攻撃を感知した後、仮想通貨の全量をコールドウォレットへ移したと語った。

同社は前日の午後11時に異常を感知。20日午前1時30分に入金制限措置を取った。その後、資産の点検に入り盗難事実を確認した。これについて韓国インターネット振興院(KISA)は「午前9時50分ごろビッサム側から盗難事故の被害申告があった」とし「すぐに現場へ出動し、事故の原因を分析している」と発表した。

ビッサムの関係者は「先日10日、コインレイルがハッキング被害を受けた事件以降、ビッサム側にも不正な攻撃が増加したため、16日の午前に出金制限措置をとり、会員の資産を全て調査した」とし「その後、会員の資産100%をコールドウォレットに移管したが、仮想通貨の入出金サービスの安全性が十分に確保されるまで、取引サービスや仮想通貨入出金及び韓国ウォン(KRW)出金サービスの提供を停止すると決めた」と述べた。

elikim@fnnews.com キム・ミヒ記者
翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が対北制裁の例外となる観光事業などを進めるとの考えを明らかにした事について、米ホワイトハウス…
  2. 米国と中国の「第1段階の貿易合意」にもかかわらず、貿易をめぐる両国の緊張はまだ終わっていないという意…
  3. イラン司法当局が14日(現地時間)、ウクライナ機の撃墜と関連し、多数の容疑者を逮捕したと発表した。…
  4. 仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップによると、15日午前11時基準でビットコインの価額は過去…
  5. 中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々…

おすすめ記事

  1. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  2. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  3. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  4. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
  5. 中国政府が湖北省・武漢市で集団発生した原因不明の肺炎について重症急性呼吸器症候群(SARS)ではな…
ページ上部へ戻る