Bakktのビットコイン先物取引を米当局が承認?…高まる期待感

Bakktのビットコイン先物取引を米当局が承認?…高まる期待感

今年最大のビットコインニュースとして注目を集めている現物ベースのビットコイン先物上場について米当局が肯定的に検討していることが伝えられ期待が高まっている。米ウォール・ストリート・ジャーナルが20日(現地時間)、報道した。

仮想通貨の取引や保管などを目的にして今年8月よりサービスを開始した仮想通貨取引プラットフォーム「バックト(Bakkt)」は、法定貨幣ではなく、仮想通貨で支払われる初の先物商品を上場する計画で、当局の承認を待っていた。しかし、当局である米国商品先物委員会(CFTC)から承認を受けず、12月12日に予定していた上場計画を来年1月24日に延期していた。

バックトが準備中の現物ベースのビットコイン先物は、既存の現金決済ベースのビットコイン先物とは異なり、ビットコインで直接決済する方式を採用。そのため、正式に上場されれば、ビットコインに対する需要が大きく増加すると期待されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る