ファーウェイ、米牽制にもスマートフォンシェア世界2位達成

ファーウェイ、米牽制にもスマートフォンシェア世界2位達成

国家安保を掲げた米国と西側の牽制を受けている中国スマートフォンメーカー、華為技術(ファーウェイ)。しかし、今年2億台を超えるスマートフォンを出荷し、世界2位の座を固めたことが分かった。

中国現地メディアによると、ファーウェイは年末を控えて声明を出し、今年のスマートフォンの出荷台数がすでに2億台を突破したと発表した。ファーウェイは、「現在、170カ国で5億人を超える人々がファーウェイの携帯電話を使用中」とし「来年末前に、世界1位のスマートフォンメーカーになると思われる」と伝えた。
ファーウェイの出荷台数2億台は、昨年の1億5300万台より30%以上増加した数値。ファーウェイと関連しては最近悪材料が続いた。「中国政府のサイバー諜報活動に活用される可能性が高い」として米国と同盟国の間で‟ファーウェイ排除”の動きが強まっていた。また同社の孟晩舟(モンワンチョウ)最高財務責任者(CFO)は対イラン制裁違反の疑いでカナダで逮捕され、貿易交渉を続いている米中間の火種となっていた。こういった状況のなかで達成した実績のため、注目を集めている。

通信機器事業に注力してきたファーウェイは、一歩遅れてスマートフォン市場に参入した。2010年にはスマートフォン出荷台数が300万台水準だったが、わずか8年だけで67倍も増える爆発的な成長を謳歌した。中国国内市場ではすでにアップルを抜いて1位を守り続けており、海外市場では1位のサムスン電子を猛追撃中だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »