ファーウェイ、米牽制にもスマートフォンシェア世界2位達成

ファーウェイ、米牽制にもスマートフォンシェア世界2位達成

国家安保を掲げた米国と西側の牽制を受けている中国スマートフォンメーカー、華為技術(ファーウェイ)。しかし、今年2億台を超えるスマートフォンを出荷し、世界2位の座を固めたことが分かった。

中国現地メディアによると、ファーウェイは年末を控えて声明を出し、今年のスマートフォンの出荷台数がすでに2億台を突破したと発表した。ファーウェイは、「現在、170カ国で5億人を超える人々がファーウェイの携帯電話を使用中」とし「来年末前に、世界1位のスマートフォンメーカーになると思われる」と伝えた。
ファーウェイの出荷台数2億台は、昨年の1億5300万台より30%以上増加した数値。ファーウェイと関連しては最近悪材料が続いた。「中国政府のサイバー諜報活動に活用される可能性が高い」として米国と同盟国の間で‟ファーウェイ排除”の動きが強まっていた。また同社の孟晩舟(モンワンチョウ)最高財務責任者(CFO)は対イラン制裁違反の疑いでカナダで逮捕され、貿易交渉を続いている米中間の火種となっていた。こういった状況のなかで達成した実績のため、注目を集めている。

通信機器事業に注力してきたファーウェイは、一歩遅れてスマートフォン市場に参入した。2010年にはスマートフォン出荷台数が300万台水準だったが、わずか8年だけで67倍も増える爆発的な成長を謳歌した。中国国内市場ではすでにアップルを抜いて1位を守り続けており、海外市場では1位のサムスン電子を猛追撃中だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »