米政府機関の一部閉鎖、仮想通貨への影響は?

米政府機関の一部閉鎖、仮想通貨への影響は?

ビットコインをはじめ、仮想通貨全体が再び下落の動きを見せている。クリスマスイブだった24日にビットコインの価額は4200ドルを突破するなど久しぶりに勢いよく右肩上がりの軌跡を描いたが、翌日の25日に急下落し、一時3800を割り込む場面もあった。現在はやや落ち着きを取り戻し3870前後で推移している。

こういう急激な反落の原因として、米株安による世界的な株安が挙げられている。特に米株安の背景となっている米政府機関の一部閉鎖(シャットダウン)が仮想通貨市場にも直接的な影響を及ぼしているとの分析が伝えられ注目を集める。

仮想通貨専門媒体CCNはコラムを通じて、米政府機関のシャットダウン(一部閉鎖)が仮想通貨市場に及ぼす影響について分析した。CCNは、「今回のシャットダウンが米商品先物取引委員会(CFTC)のスケジュールに支障を与え、バックト(Bakkt)が申請したビットコイン先物上場の検討日程が遅れる可能性が高い」と伝えた。

「バックト(Bakkt)」は、仮想通貨の取引や保管などを目的にして今年8月よりサービスを開始した仮想通貨取引プラットフォーム。ニューヨーク証券取引所など数多くの取引所を運営するインターコンチネンタル取引所(ICE)が手掛ける仮想通貨取引所で、投資家の注目を集めた。バックトが申請したビットコイン先物商品は法定貨幣ではなく、仮想通貨で支払われる初の先物商品。当局の承認を得て上場されれば、ビットコインに対する需要が大きく増加すると期待されている。

同媒体は「バックトの申請に対する承認検討が延期されると、仮想通貨市場において不確実性の増加につながる可能性が高い」と指摘した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る