トランプ氏の再選の可能性は高い?

トランプ氏の再選の可能性は高い?

ドナルド・トランプ米国大統領が苦境に立たされているにもかかわらず2020年の大統領選挙で再選に成功する可能性が高いと、米放送局CNBCが報道した。

同媒体は、米株の急落や連邦政府の一時業務停止(シャットダウン)、民主党の下院掌握などトランプ氏に不利な悪材料が揃っているが、支持率の変動幅が大きくない点に注目した。大衆的には人気が低いかもしれないが、支持率の面では再選に成功した歴代大統領と比べてもとそんなに低くないという。

就任初日の時と同様に共和党の支持者から人気が高いトランプ氏の現在の支持率は40%台。就任712日の時点で支持率を比べると、ロナルド・レーガン氏の支持率はトランプ氏よりも低かった。またビル・クリントン氏とバラク・オバマ氏は、トランプ氏よりそれぞれ5%ポイント、2%ポイント程度高い水準だった。

専門家らはトランプ氏の支持率が着実に40%台を維持してきたことに注目し、トランプ氏が「政治的な安全地域」にいると分析。「急激な支持率下落がなければ、2020年の再選も失敗に終わるとは言えない」と説明している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  2. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  3. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  4. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  5. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »