4日の韓国株、3日ぶりに反発…コスピ2010線回復

4日の韓国株、3日ぶりに反発…コスピ2010線回復

韓国株が3日ぶりに反発した。米株安の影響で下落で出発したコスピ指数は、米中の貿易交渉再開で2010線を回復した。

同日の総合株価指数(KOSPI)は前日比16.55(0.23%)高の2010.25で取引を終えた。前場は前日の米株安の影響で1980線を割り込む場面もあったが、中国商務省が米中貿易交渉を7~8日に開催することを発表すると買いが優位となり、上昇に転じた。今回の交渉は、ドナルド・トランプ米大統領と習近平中国国家主席が先月1日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで会談し貿易戦争の一時休戦を決めた後、初めて開かれる両国の対面となり、貿易摩擦解消への期待が高まっている。

新興企業向け株式市場コスダック指数も上昇した。前日比1.14%高の664.49で取引を終えた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「国際原油価格は最高で150ドルまで上昇し、世界経済は米国を含め沈滞に陥り、世界経済の脱石油化が加速…
  2. 動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競…
  3. 22日午前4時25分頃、シンガポール海峡近くで韓国籍の貨物船シケイブルーベル(4万4132t)が海賊…
  4. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  5. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…

おすすめ記事

  1. ムニューシン米財務長官が仮想通貨への強力な規制の意志を示した。ムニューシン長官は18日(現地時間)、…
  2. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  3. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  4. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  5. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
ページ上部へ戻る