世界銀行、今年経済成長率を2.9%に下方修正… 「暗くなる空」

世界銀行、今年経済成長率を2.9%に下方修正… 「暗くなる空」

世界銀行は今年初の世界経済見通しを発表し、2019年の世界GDP成長率を従来の見通しから0.1%ポイント下げた2.9%と下方修正した。世銀は「世界経済が勢いを失った」とし、国際経済全般の成長が鈍化し、特に新興国市場の被害が深刻なものとなると憂慮した。

毎年1月と6月に世界経済見通し報告書を発表する世銀は8日(現地時間)に発表した同報告書に「暗くなる空」というサブタイトルをつけた。報告書によると、昨年3.1%成長した世界経済は、今年2.9%成長にとどまった後、2020〜2021年には2.8%の成長とさらに減速するという。

世銀は「貿易の緊張がまだ高く、いくつかの新興国市場は金融面で圧迫を受けている」とし、「先進国よりも新興国市場の問題がさらに深刻だ」と指摘した。また、「米国と中国の貿易戦争が世界経済の減速をあおっている。この場合、貿易戦争の副作用は新興国市場に集中し、重大な水準となる」と説明した。

世銀は今年の新興国市場の実質GDP成長率について、昨年6月に発表した数値(4.7%)から0.5%ポイント下げて4.2%と推定した。中国の成長率見通しも従来より0.1%ポイント下方修正し6.2%と予想した。

その一方、先進国の経済は比較的良好な動きを見せると予想した。世銀は先進国の今年GDP成長率として2%を提示し、昨年発表した予測値を維持した。米国とユーロ圏、日本の成長率をそれぞれ2.5%、1.6%、0.9%と予想した。しかし米国の来年成長率については1.7%と推定し、更なる米経済減速を予想していることがわかった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 期待されたG20サミット期間中の日韓首脳会談開催が実務段階で不発に終わったことが分かった。…
  2. 米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げ…
  3. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  4. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  5. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…

おすすめ記事

  1. 2019-6-25

    韓国外相「日本が報復措置をとると、韓国も黙ってはいられない」

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  3. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  4. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  5. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…

アーカイブ

ページ上部へ戻る