TRONの急上昇、理由は?

TRONの急上昇、理由は?

仮想通貨トロン(TRX)の価額がここ1週間で約50%近く上昇し、その理由について注目が集まっている。

コインマーケットキャップによると、10日午後1時時点のトロンの価額は過去24時間比12.37%高の0.0293ドルを記録中だ。1月3日の価額0.02ドルに比べると、約45%以上上昇した数値。時価総額も大幅に増え、テザー(USDT)を追い抜いて8位を記録中だ。

このような急上昇の理由について韓国メディアは、「1億人の利用者を保有している世界的なファイル共有サイト『ビットトレント』がトロンのプロトコルをベースにした仮想通貨ビットトレントトークン(BTT)を発行したのがきっかけになった」と分析している。韓国メディア「ニュース1」によると、トロン基盤の仮想通貨BTTの発行でトロン投資家の心理が大きく改善されたという。

ビットトレントは、個人間(P2P)取引の技術を利用したファイル共有サービスを運営している。同社はP2Pプラットフォームでファイルを共有する利用者のための報酬としてBTTを支給する計画。まずはビットトレントが運営するuTorrentで優先適用する予定だ。

ビットトレントの狙いは自社のプラットフォームでファイルを共有する利用者にBTTを提供することで、安定的なファイル共有環境を整えていくこと。

ビットトレントのジャスティン・サン最高経営責任者(CEO)は「今回の飛躍で世界の数億人のビットトレントの利用者にブロックチェーンを紹介したい。また報酬システムを介してコンテンツ制作者にも力を与えたい」と述べた。

海外メディアも最近のトロン価額の急上昇について、BTT発行と共に既存のトロン保有者にもBTTをエアドロップ(無償支給)するというニュースが伝えられ、トロンの価額を押し上げていると分析している。

ビットトレントは今月17~18日に米サンフランシスコで開催予定のカンファレンスでBTTを詳しく公開する計画だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国の巨大IT4社の時価総額が6日(現地時間)、1兆ドルに再進入した。 同日、グーグル親企業のアル…
  2. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  3. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  4. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  5. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  2. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  3. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  4. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
ページ上部へ戻る
Translate »