喫煙で損傷した肺…回復には?

喫煙で損傷した肺…回復には?

新年を迎え「禁煙」を決意した人なら果物・野菜の摂取量を大幅に増やしてみよう。タバコにより痛んだ肺機能の回復に優れた効果があるからだ。

スウェデンとポーランドの共同研究チームが「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)」で発表した研究結果によると、喫煙者や一時期タバコを吸って現在は禁煙している人が果物や野菜をしきりに摂取した場合、致命的な肺疾患になるリスクが35〜40%低くなった。

研究チームは45〜79歳のスウェデン男性4万4335人を対象に平均13.2年間に渡って健康状態や食習慣を追跡調査した。

その結果、1日に果物や野菜を1回摂取するたびに慢性閉塞性肺疾患(COPD)になるリスクは喫煙者が8%、過去喫煙者が4%低くなった。

特に果物・野菜を1日5回以上食べた高摂取グループの場合、2回未満摂取したグループに比べると、COPDにかかるリスクは喫煙者が40%、過去喫煙者が34%低くなった。

タバコを1回も吸ったことのない非喫煙者の場合、果物・野菜摂取の増加によるCOPDリスク減少効果はほとんどなかった。

一方、米国ジョンズ・ホプキンス大学も「欧州呼吸器ジャーナル(ERJ)」にトマトやりんごなどの新鮮な果物が喫煙で損なった肺の機能回復を促すと発表した。

英国、ドイツ、ノルウェーの大人680人を対象に2002年と2012年それぞれ食習慣と肺機能の検査を行った結果、新鮮な果物をたくさん摂取した人は肺機能の低下速度が遅くなった。

具体的にはトマトを1日2個以上、或いはりんご・バナナなどを3個以上摂取したグループの呼吸器機能低下速度が1個未満摂取したグループに比べて遅かった。このような効果は特に禁煙者に大きく現れた。

研究チームは、果物に豊富な抗酸化物質など様々な栄養素が損傷された肺機能の回復にも一定の影響を及ぼし、機能低下の速度を落としたとみている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 期待されたG20サミット期間中の日韓首脳会談開催が実務段階で不発に終わったことが分かった。…
  2. 米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げ…
  3. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  4. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  5. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…

おすすめ記事

  1. 2019-6-25

    韓国外相「日本が報復措置をとると、韓国も黙ってはいられない」

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  3. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  4. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  5. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…

アーカイブ

ページ上部へ戻る