喫煙で損傷した肺…回復には?

喫煙で損傷した肺…回復には?

新年を迎え「禁煙」を決意した人なら果物・野菜の摂取量を大幅に増やしてみよう。タバコにより痛んだ肺機能の回復に優れた効果があるからだ。

スウェデンとポーランドの共同研究チームが「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)」で発表した研究結果によると、喫煙者や一時期タバコを吸って現在は禁煙している人が果物や野菜をしきりに摂取した場合、致命的な肺疾患になるリスクが35〜40%低くなった。

研究チームは45〜79歳のスウェデン男性4万4335人を対象に平均13.2年間に渡って健康状態や食習慣を追跡調査した。

その結果、1日に果物や野菜を1回摂取するたびに慢性閉塞性肺疾患(COPD)になるリスクは喫煙者が8%、過去喫煙者が4%低くなった。

特に果物・野菜を1日5回以上食べた高摂取グループの場合、2回未満摂取したグループに比べると、COPDにかかるリスクは喫煙者が40%、過去喫煙者が34%低くなった。

タバコを1回も吸ったことのない非喫煙者の場合、果物・野菜摂取の増加によるCOPDリスク減少効果はほとんどなかった。

一方、米国ジョンズ・ホプキンス大学も「欧州呼吸器ジャーナル(ERJ)」にトマトやりんごなどの新鮮な果物が喫煙で損なった肺の機能回復を促すと発表した。

英国、ドイツ、ノルウェーの大人680人を対象に2002年と2012年それぞれ食習慣と肺機能の検査を行った結果、新鮮な果物をたくさん摂取した人は肺機能の低下速度が遅くなった。

具体的にはトマトを1日2個以上、或いはりんご・バナナなどを3個以上摂取したグループの呼吸器機能低下速度が1個未満摂取したグループに比べて遅かった。このような効果は特に禁煙者に大きく現れた。

研究チームは、果物に豊富な抗酸化物質など様々な栄養素が損傷された肺機能の回復にも一定の影響を及ぼし、機能低下の速度を落としたとみている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »