イ・ナヨン&イ・ジョンソク共演の新ドラマ「ロマンスは別冊付録」オフショット公開

イ・ナヨン&イ・ジョンソク共演の新ドラマ「ロマンスは別冊付録」オフショット公開

イ・ナヨンとイ・ジョンソク共演の新ドラマ「ロマンスは別冊付録」が熱情あふれる撮影現場のオフショットを公開し、ドラマへの期待が高まっている。

「アルハンブラ宮殿の思い出」の後番組として26日に初放送されるtvN土日ドラマ「ロマンスは別冊付録」側は15日、主人公のイ・ナヨンとイ・ジョンソクが撮影に集中する現場写真を公開した。

2019年に最も期待される作品として挙げられる「ロマンスは別冊付録」は出版社を舞台に本を作る人々の物語を描いたラブコメディ。以前は売れるコピライターだったが、今はキャリアが断絶してしまったハイスペック女性カン・ダンイ(イ・ナヨン)と、「文壇のアイドル」と呼ばれるスター作家チャ・ウンホ(イ・ジョンソク)。人生第2幕を始めるカン・ダンイと特別な縁で結ばれたチャ・ウンホ(イ・ジョンソク)が描くロマンスに期待が集まる。

また、9年ぶりのドラマ出演になるイ・ナヨンと作品ごとに魅力的なキャラクターを演じてきたイ・ジョンソクの組み合わせにも注目が集まっており、初放送が近づくほど、作品への期待と関心の声が上がっている。

公開されたオフショットではイ・ナヨンとイ・ジョンソクの真剣な目差しから作品に対する熱意が感じられる。イ・ナヨンは、いつもより慎重に自身の演技をしっかりとチェックしており、「厳しい現実の中、奮闘するカン・ダンイを通じて温かさを視聴者に届けたい」というイ・ナヨンの情熱が伝わってくる。

台本を念入りで分析することで有名なイ・ジョンソク。些細なことも逃さないというような鋭い眼差しでモニターを見つめる姿は見る人をときめかせる。イ・ジョンソクは「繊細な変化だけで人物の感情を表現する必要があるからこれまで以上に難しい」とし「ウンホが持つ様々な魅力が伝えられるようにベストを尽くしたい」と覚悟を語った。

ドラマの演出を担当するイ・ジョンヒョ監督は「イ・ジョンソクは常に台本を完璧に研究してくる素晴らしい俳優だ。誠実な姿勢でチャ・ウンホというキャラクターを完璧に見せている。イ・ナヨンは何も怖がらない素敵な女優。良い演技のために質問し続け正解を導き出す」とし「完璧な役作りのために努力するイ・ナヨンとイ・ジョンソクの共演は期待しても良い」と二人を絶賛した。

新ドラマ「ロマンスは別冊付録」は、tvN「グッドワイフ」や OCN 「ライフ・オン・マーズ」などで演出力を見せつけたイ・ジョンヒョ監督と、tvN「ロマンスが必要」シリーズで一緒に作業したチョン・ヒョンジョン脚本家が再びタッグを組んだ作品。26日夜9時に初放送される。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »