中年男性を元気づける○○〇…毎日1個食べると凄い効果

中年男性を元気づける○○〇…毎日1個食べると凄い効果

毎日欠かさず「トマト」を食べると前立腺の健康を維持するのに役立つ。トマトに含まれる「リコピン」という成分のおかげだ。

イギリス・ケンブリッジ・オックスフォード・ブリストル大学共同研究チームによると、約150gのトマトやトマトの成分が含まれている食べ物を毎週10回以上摂取する男性は前立腺がんになるリスクが18%減少した。

研究チームは50〜69歳のイギリス男性約2万人を対象に献立・生活習慣、健康状態を分析し、トマトの効果を明らかにした。研究チームはこのような効果はトマトに抗酸化作用のある成分「リコピン」が含まれているためだと説明する。

リコピンは細胞周期の停止、細胞の自殺(アポトーシス)を通じてがん細胞の生存率を減少させ、抗酸化作用でDNAの損傷を抑制する。

そのため、リコピンを欠かさず摂取すると、前立腺の老化防止や前立腺の組織の保護などに働き、前立腺肥大のリスクを下げることができる。

リコピンはトマト以外にもスイカ、杏子などにも多く含まれている。トマトを調理する際に加熱するとリコピンの吸収をさらに促進することができる。

ただし、トマトは胃酸の分泌を促す働きもあるため、逆流性食道炎の患者は避けた方がいい。

一方、毎日トマト1個を食べると前立腺がんだけではなく胃がんの予防効果もあることがわかった。韓国国立がんセンター研究チームは胃がん患者と胃がんが発生していない者を比較分析した結果によると、リコピンを1日1.8mg以上多く摂取したグループは0.6mg以下で少なく摂取したグループより胃がん発生のリスクが40%以上低かった。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »