中年男性を元気づける○○〇…毎日1個食べると凄い効果

中年男性を元気づける○○〇…毎日1個食べると凄い効果

毎日欠かさず「トマト」を食べると前立腺の健康を維持するのに役立つ。トマトに含まれる「リコピン」という成分のおかげだ。

イギリス・ケンブリッジ・オックスフォード・ブリストル大学共同研究チームによると、約150gのトマトやトマトの成分が含まれている食べ物を毎週10回以上摂取する男性は前立腺がんになるリスクが18%減少した。

研究チームは50〜69歳のイギリス男性約2万人を対象に献立・生活習慣、健康状態を分析し、トマトの効果を明らかにした。研究チームはこのような効果はトマトに抗酸化作用のある成分「リコピン」が含まれているためだと説明する。

リコピンは細胞周期の停止、細胞の自殺(アポトーシス)を通じてがん細胞の生存率を減少させ、抗酸化作用でDNAの損傷を抑制する。

そのため、リコピンを欠かさず摂取すると、前立腺の老化防止や前立腺の組織の保護などに働き、前立腺肥大のリスクを下げることができる。

リコピンはトマト以外にもスイカ、杏子などにも多く含まれている。トマトを調理する際に加熱するとリコピンの吸収をさらに促進することができる。

ただし、トマトは胃酸の分泌を促す働きもあるため、逆流性食道炎の患者は避けた方がいい。

一方、毎日トマト1個を食べると前立腺がんだけではなく胃がんの予防効果もあることがわかった。韓国国立がんセンター研究チームは胃がん患者と胃がんが発生していない者を比較分析した結果によると、リコピンを1日1.8mg以上多く摂取したグループは0.6mg以下で少なく摂取したグループより胃がん発生のリスクが40%以上低かった。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラCEOイーロン・マスク氏が連日仮想通貨を賛辞している。仮想通貨専門メディアCCNは21日(現…
  2. 韓国野党「民主平和党」の鄭東泳(チョン・ドンヨン)代表は21日、慰安婦問題と関連して日本政府の謝罪と…
  3. 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長がベトナム・ハノイまで専用の列車を利用して移動する可能性があ…
  4. サムスン電子が20日、米国サンフランシスコのビル・グラハム・シビックセンターで「サムスンGalaxy…
  5. ビットコインの価額が4000ドルを巡る攻防が激しくなる模様だ。4000ドル台を回復すると、さらに上昇…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る