合意点見出だせない米中…交渉では不満ばかりが行き交う

合意点見出だせない米中…交渉では不満ばかりが行き交う

-中国は実質的な制度改革に消極的
-ライトハイザー代表「進展無し」

米中間の長官級貿易交渉が今月30〜31日に予定される中、両者が合意点を見出だせていない事が分かった。

米国のドナルド・トランプ大統領は今月中旬、中国北京で開かれた次官級交渉で大きな進展があったとの楽観論を繰り広げたが、実際はそうでないとの悲観的な見方もある。

21日、ブルームバーグやニューヨーク・タイムズなどの海外メディアによると、今回の交渉を管理する米国通商担当関係者らは、前回の次位級貿易交渉で、中国の知的財産権盗用、補助金支給などの争点項目について、合意点を見出だせなかったと話した。

米国は、数十年間続く中国の技術移転強要、知的財産権盗用、サイバー窃盗など、政府が関与したとされる、いわゆる「知的財産権収奪」を制度的に改善する事を中国側に求めて来た。

しかし、米国が中国にこの様な不公正慣行の改善を要求すると、中国は米国に対し「証拠を出せ」と、やましい所は無いという立場を取っていると、ブルームバーグは報じている。

中国は米国製品の輸入を増やし、2024年までに対米貿易黒字をゼロに近い水準に下げるという積極的な姿勢を見せてはいるものの、実質的な制度改革には消極的だとも報じられている。

貿易交渉に精通している関係者らは、最近の交渉状況についてやや懐疑的な見方をしている。交渉に参加した関係者によると、米国貿易代表部のジェフリー・ゲリッシュ副代表は、2500億ドル(約27兆4100億円)規模の中国産製品に賦課した関税を正当化する報告書を引用する事にかなりの時間を割き、建設的な論議より両者の不満だけが行き交う場だった事を明らかにした。

この他に、交渉を指揮している米国貿易代表部のロバート・ライトハイザー代表までもが悲観論を打ち明けたと伝えられている。ブルームバーグは議会補佐官の言葉を借りて、「ライトハイザー代表が、前回の次官級貿易交渉で『中国の構造的変化』に関しては進展が無かったと言及した」と報じている。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »