バイタルヒントコリア、フードデータプラットフォーム「ヒントチェーン」構築

バイタルヒントコリア、フードデータプラットフォーム「ヒントチェーン」構築

料理アプリケーション(アプリ)『ハンモック男女』で有名なバイタルヒントコリア社は5月17日、ブロックチェーン技術を基盤とした個人フードプロフィールのデータプラットフォーム’ヒントチェーン’の制作に乗り出すと明らかにした。バイタルヒントコリアは個人の料理データの収集を目的とし、2015年より料理レシピのプラットフォームである『ハンモック男女』を運営している。約46万件にもおよぶ食材写真まで取り揃えたフードテックのスタートアップだ。

『ハンモック男女』で確保した利用者データと、その利用者たちの購買データを用いて推薦機能を高度化したバイタルヒント社は、データ技術や飲食領域に特化したビジネスネットワークを基盤としフードデータ中心のブロックチェーンプラットフォーム開発に着手した。

ブロックチェーン技術を通じて多様なコンテンツコミュニティやコマース、O2Oなどのソリューションサービスに蓄積した個人のフードデータを収集し、各人のフードプロフィールを作るという試みに始まったプラットフォームこそが「ヒントチェーン」だ。

食べ物の好みや健康状態、ニーズ、状況などにより人々のフードデータは異なるという点に着目し、「今日は何を食べようか?」という悩みを個人のフードデータに合わせて解決するサポートを行う。また、このような個人フードデータの収集および管理を行うことにより、消費者の不満や企業におけるビジネス非効率性の改善にも役立つことになるという。

特に、オーダーメイド型のフードソリューションが必要な個人と企業を直接つなげることができる飲食体系を作り介入していくという立場として、各人に最適なフードソリューションを提供できるようにしていくという。企業としては、個人のフードプロフィールを通じたリアルタイムでのマーケットトレンド分析による効率的なマーケティングとビジネス展開をサポートする。

バイタルヒントコリア社のチョン・ジウン代表は「近年の経済発展により個々の好みやニーズが多様化し、自身に合ったフードソリューションを見出せずにいる人たちが多い。ヒントチェーンに適用されるブロックチェーン技術は、このような状況下において特に効果を発揮するものであり、各個人やコンテンツ生産者、そして企業にトークンエコノミーを通して経済的補償を提供することで、データ中心の飲食体系を実現できるものであると期待する」と話した。

翻訳者 M.INOKUCHI

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る