サムスン電子8K・QLEDテレビ、仁川空港に設置

サムスン電子8K・QLEDテレビ、仁川空港に設置

サムスン電子は最近仁川国際空港に65型8K・QLED(量子ドット)テレビを大量に設置するなど、攻撃的な「8Kマーケティング」を展開している。

サムスン電子によると、仁川国際空港に設置されているサムスン8K・QLEDテレビは計96台。第1ターミナルに67台、第2ターミナルに29台が設置されている。サムスン電子は去年12月31日から8K・QLEDテレビを設置している。普段より観光客が大幅に増加する冬の繁忙期に合わせて、マーケティングに力を入れている様子。仁川国際空港の1日当たり平均利用者数は約19万人。年末年始になると、その数は約20万人まで増える。

サムスン電子は仁川国際空港以外にも韓国の主な公共施設に8K・QLEDテレビを引き続き、設置する予定だ。サムスン電子の関係者は「金浦国際空港や主要駅に8K・QLEDテレビを供給するため関係機関と協議している」と伝えた。他にも2月からヨーロッパ、東南アジア、西アジアなど各国・地域ごとに開催される「サムスンフォーラム」のスケジュールに沿って、各地の空港での展示も検討している。

サムスン電子は去年8K・QLEDテレビを発売して以来、大々的なマーケティングを進めている。先日開催された世界最大級の情報技術(IT)・家電市「CES 2019」でも会場の一角に8K・QLEDテレビ専用の展示スペースを設け、95型8K・QLEDテレビを初公開した。今までは65•75•82•85型の4種類だった。

サムスン電子は今年最も小さな大きさである55型8K・QLEDテレビも披露する予定。サムスン電子家電製品(CE)部門社長のキム・ヒョンソク氏は、今回のCES2019で記者懇談会を開き「今年は多様な8Kテレビを披露する予定」とし「最も小さい55型から65•75•82•85•98型まで多様なラインアップを市場に投入する」と明らかにした。サムスン電子は年内公開予定の55型で8Kテレビの大衆化を目指す方針だ。

積極的なマーケティングの結果、サムスン電子は8K・QLEDテレビは発売からわずか2〜3ヶ月で著しい成果を収めている。最近、米最大家電量販店「ベスト・バイ」が行った事前販売では、全モデルが完売を記録した。

キム社長も「8Kテレビの市場が形成されていないため、数字で市場の規模を語ることは難しい」としながらも「(製品を)扱いたいというところが多いため、良い結果を予想している」と強調した。

サムスン電子は、8K・QLEDテレビが発売されたばかりという点、プレミアム市場を目指している点などを理由に、年内にディスカウントプロモーションを行わない方針だ。来月4日から始まる米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のシーズンを控え、様々なテレビのディスカウントイベントが行われているが、8Kテレビは対象外になっている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »