サムスン電子8K・QLEDテレビ、仁川空港に設置

サムスン電子8K・QLEDテレビ、仁川空港に設置

サムスン電子は最近仁川国際空港に65型8K・QLED(量子ドット)テレビを大量に設置するなど、攻撃的な「8Kマーケティング」を展開している。

サムスン電子によると、仁川国際空港に設置されているサムスン8K・QLEDテレビは計96台。第1ターミナルに67台、第2ターミナルに29台が設置されている。サムスン電子は去年12月31日から8K・QLEDテレビを設置している。普段より観光客が大幅に増加する冬の繁忙期に合わせて、マーケティングに力を入れている様子。仁川国際空港の1日当たり平均利用者数は約19万人。年末年始になると、その数は約20万人まで増える。

サムスン電子は仁川国際空港以外にも韓国の主な公共施設に8K・QLEDテレビを引き続き、設置する予定だ。サムスン電子の関係者は「金浦国際空港や主要駅に8K・QLEDテレビを供給するため関係機関と協議している」と伝えた。他にも2月からヨーロッパ、東南アジア、西アジアなど各国・地域ごとに開催される「サムスンフォーラム」のスケジュールに沿って、各地の空港での展示も検討している。

サムスン電子は去年8K・QLEDテレビを発売して以来、大々的なマーケティングを進めている。先日開催された世界最大級の情報技術(IT)・家電市「CES 2019」でも会場の一角に8K・QLEDテレビ専用の展示スペースを設け、95型8K・QLEDテレビを初公開した。今までは65•75•82•85型の4種類だった。

サムスン電子は今年最も小さな大きさである55型8K・QLEDテレビも披露する予定。サムスン電子家電製品(CE)部門社長のキム・ヒョンソク氏は、今回のCES2019で記者懇談会を開き「今年は多様な8Kテレビを披露する予定」とし「最も小さい55型から65•75•82•85•98型まで多様なラインアップを市場に投入する」と明らかにした。サムスン電子は年内公開予定の55型で8Kテレビの大衆化を目指す方針だ。

積極的なマーケティングの結果、サムスン電子は8K・QLEDテレビは発売からわずか2〜3ヶ月で著しい成果を収めている。最近、米最大家電量販店「ベスト・バイ」が行った事前販売では、全モデルが完売を記録した。

キム社長も「8Kテレビの市場が形成されていないため、数字で市場の規模を語ることは難しい」としながらも「(製品を)扱いたいというところが多いため、良い結果を予想している」と強調した。

サムスン電子は、8K・QLEDテレビが発売されたばかりという点、プレミアム市場を目指している点などを理由に、年内にディスカウントプロモーションを行わない方針だ。来月4日から始まる米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のシーズンを控え、様々なテレビのディスカウントイベントが行われているが、8Kテレビは対象外になっている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »