サムスン電子8K・QLEDテレビ、仁川空港に設置

サムスン電子8K・QLEDテレビ、仁川空港に設置

サムスン電子は最近仁川国際空港に65型8K・QLED(量子ドット)テレビを大量に設置するなど、攻撃的な「8Kマーケティング」を展開している。

サムスン電子によると、仁川国際空港に設置されているサムスン8K・QLEDテレビは計96台。第1ターミナルに67台、第2ターミナルに29台が設置されている。サムスン電子は去年12月31日から8K・QLEDテレビを設置している。普段より観光客が大幅に増加する冬の繁忙期に合わせて、マーケティングに力を入れている様子。仁川国際空港の1日当たり平均利用者数は約19万人。年末年始になると、その数は約20万人まで増える。

サムスン電子は仁川国際空港以外にも韓国の主な公共施設に8K・QLEDテレビを引き続き、設置する予定だ。サムスン電子の関係者は「金浦国際空港や主要駅に8K・QLEDテレビを供給するため関係機関と協議している」と伝えた。他にも2月からヨーロッパ、東南アジア、西アジアなど各国・地域ごとに開催される「サムスンフォーラム」のスケジュールに沿って、各地の空港での展示も検討している。

サムスン電子は去年8K・QLEDテレビを発売して以来、大々的なマーケティングを進めている。先日開催された世界最大級の情報技術(IT)・家電市「CES 2019」でも会場の一角に8K・QLEDテレビ専用の展示スペースを設け、95型8K・QLEDテレビを初公開した。今までは65•75•82•85型の4種類だった。

サムスン電子は今年最も小さな大きさである55型8K・QLEDテレビも披露する予定。サムスン電子家電製品(CE)部門社長のキム・ヒョンソク氏は、今回のCES2019で記者懇談会を開き「今年は多様な8Kテレビを披露する予定」とし「最も小さい55型から65•75•82•85•98型まで多様なラインアップを市場に投入する」と明らかにした。サムスン電子は年内公開予定の55型で8Kテレビの大衆化を目指す方針だ。

積極的なマーケティングの結果、サムスン電子は8K・QLEDテレビは発売からわずか2〜3ヶ月で著しい成果を収めている。最近、米最大家電量販店「ベスト・バイ」が行った事前販売では、全モデルが完売を記録した。

キム社長も「8Kテレビの市場が形成されていないため、数字で市場の規模を語ることは難しい」としながらも「(製品を)扱いたいというところが多いため、良い結果を予想している」と強調した。

サムスン電子は、8K・QLEDテレビが発売されたばかりという点、プレミアム市場を目指している点などを理由に、年内にディスカウントプロモーションを行わない方針だ。来月4日から始まる米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のシーズンを控え、様々なテレビのディスカウントイベントが行われているが、8Kテレビは対象外になっている。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る