IBM、鉱山資源流通にブロックチェーン技術を適用

IBM、鉱山資源流通にブロックチェーン技術を適用

鉱物資源供給網の透明性向上、環境保護、人権伸張を目的として鉱物資源を追跡・認証するブロックチェーン・ネットワークが新たに構築される。IBMが17日発表した。

IBMのほかLG化学やフォード・モーター・カンパニー、また華友コバルトやRCSグローバルなど鉱物資源共有網の主要過程に関わる全5企業が今回のプロジェクトに参加する。消費財産業全般に使用される鉱物資源を追跡・認証する開放型ブロックチェーン・プラットフォームを構築する計画だ。

とりわけノートパソコンやモバイル機器、電気自動車などに使用されるリチウムイオン電池の原料であり、最近需要が急増しているコバルトに焦点を当てている。コンゴ共和国の鉱山で生産されたコバルトが韓国LG化学の生産工場を経て、米国フォードの工場に到着するまで一連の流れを追跡する。この過程で得られたデータが、ブロックチェーン上に記録されるというわけだ。

プロジェクトに参加する企業は、経済協力開発機構(OECD)の定めるガイダンスに基づき認証を取得することになる。これまでは各種業界基準の遵守当否を外部監査に託してきた。しかしブロックチェーン技術を用いれば、認証を取得済みの企業のみでネットワークを構築でき、また極めて信頼性の高いデータを即時照会することもできる。

LG化学電池事業部のキム・ジョンヒョン本部長は「世界最高のバッテリーメーカーとして、製品の性能と品質だけでなく生産供給における各過程すべてに責任を持ち、長期的な成長体制を整えていきたい」と語った。

IBMグローバル産業のマニッシュ・カウラ総括も「コバルト需要の増加に伴い、生産供給側の社会的責任も拡大した。その中でブロックチェーン技術の活用例を提示し、鉱物の生産供給過程全般における透明性向上のパイオニアになりたい」としている。

IBMは今後、規模を問わずあらゆる鉱山について透明性を高め、また国際的基準を遵守させることで市場での販売に繋げていくという。対象の鉱物もコバルトだけでなく、一般に紛争鉱物と呼ばれる4物質(タンタル、すず、タングステン、金)やレアアースなどへと拡大していく計画だ。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 電車の中で大変そうに立っている老人と席に座っていた若者の写真をめぐり非難の声が殺到している。…
  2. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  3. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  4. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  5. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る