金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正恩北朝鮮国務委員長の異母兄、金正男氏を殺害した容疑が掛けられている女性2人に対する裁判は、3月以降に改めて開かれる。

24日、フリー・マレーシア・トゥデイなどの現地メディアによると、マレーシアの控訴裁判所はこの日、検察側の証人7人が警察で供述した内容の提供を求める、インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(女性・27歳)の要請を受け入れ、裁判を延期した。公正な裁判を受けられる様にしなければならないとの趣旨による。

裁判部によると、検察は2週間以内に証人らが供述した内容を、アイシャ被告の弁護人に提出しなければならない。しかし検察側は裁判所の判決について、不服の意を明らかにし、連邦裁判所に即時上告すると発表した。

また、今月28日に再開予定だった被告人らに対する裁判も、上告審が結審するまでの中断を要請した。裁判部は、アイシャ被告と共に金正男氏を殺害した容疑で起訴されている、ベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告(女性・31才)も判決内容を知る必要があると、今後の裁判中断の手続きを取る事を指示した。

アイシャ被告とフォン被告は、リ・ジェナム(59才)、リ・ジヒョン(35才)、ホン・ソンハク(36才)、オ・ジョンギル(57才)ら北朝鮮籍の容疑者4人と共に、金正男氏を殺害するための計画に加担したとの容疑が掛けられている。

アイシャ被告の弁護人は、「北朝鮮籍の4人と連絡が付かない状況だったが、今回の判断によって、より明確に事件の全貌を描く事になるだろう」と、「この間、2人の証人にインタビューしたものの、非協力的だった」と話している。

また、「供述の共有は、彼らが嘘をついているのかを判断するのに役立つ」とし、「これにより、より公正な裁判を受けられることになった」と強調した。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »