金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正恩北朝鮮国務委員長の異母兄、金正男氏を殺害した容疑が掛けられている女性2人に対する裁判は、3月以降に改めて開かれる。

24日、フリー・マレーシア・トゥデイなどの現地メディアによると、マレーシアの控訴裁判所はこの日、検察側の証人7人が警察で供述した内容の提供を求める、インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(女性・27歳)の要請を受け入れ、裁判を延期した。公正な裁判を受けられる様にしなければならないとの趣旨による。

裁判部によると、検察は2週間以内に証人らが供述した内容を、アイシャ被告の弁護人に提出しなければならない。しかし検察側は裁判所の判決について、不服の意を明らかにし、連邦裁判所に即時上告すると発表した。

また、今月28日に再開予定だった被告人らに対する裁判も、上告審が結審するまでの中断を要請した。裁判部は、アイシャ被告と共に金正男氏を殺害した容疑で起訴されている、ベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告(女性・31才)も判決内容を知る必要があると、今後の裁判中断の手続きを取る事を指示した。

アイシャ被告とフォン被告は、リ・ジェナム(59才)、リ・ジヒョン(35才)、ホン・ソンハク(36才)、オ・ジョンギル(57才)ら北朝鮮籍の容疑者4人と共に、金正男氏を殺害するための計画に加担したとの容疑が掛けられている。

アイシャ被告の弁護人は、「北朝鮮籍の4人と連絡が付かない状況だったが、今回の判断によって、より明確に事件の全貌を描く事になるだろう」と、「この間、2人の証人にインタビューしたものの、非協力的だった」と話している。

また、「供述の共有は、彼らが嘘をついているのかを判断するのに役立つ」とし、「これにより、より公正な裁判を受けられることになった」と強調した。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »