金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正恩北朝鮮国務委員長の異母兄、金正男氏を殺害した容疑が掛けられている女性2人に対する裁判は、3月以降に改めて開かれる。

24日、フリー・マレーシア・トゥデイなどの現地メディアによると、マレーシアの控訴裁判所はこの日、検察側の証人7人が警察で供述した内容の提供を求める、インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(女性・27歳)の要請を受け入れ、裁判を延期した。公正な裁判を受けられる様にしなければならないとの趣旨による。

裁判部によると、検察は2週間以内に証人らが供述した内容を、アイシャ被告の弁護人に提出しなければならない。しかし検察側は裁判所の判決について、不服の意を明らかにし、連邦裁判所に即時上告すると発表した。

また、今月28日に再開予定だった被告人らに対する裁判も、上告審が結審するまでの中断を要請した。裁判部は、アイシャ被告と共に金正男氏を殺害した容疑で起訴されている、ベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告(女性・31才)も判決内容を知る必要があると、今後の裁判中断の手続きを取る事を指示した。

アイシャ被告とフォン被告は、リ・ジェナム(59才)、リ・ジヒョン(35才)、ホン・ソンハク(36才)、オ・ジョンギル(57才)ら北朝鮮籍の容疑者4人と共に、金正男氏を殺害するための計画に加担したとの容疑が掛けられている。

アイシャ被告の弁護人は、「北朝鮮籍の4人と連絡が付かない状況だったが、今回の判断によって、より明確に事件の全貌を描く事になるだろう」と、「この間、2人の証人にインタビューしたものの、非協力的だった」と話している。

また、「供述の共有は、彼らが嘘をついているのかを判断するのに役立つ」とし、「これにより、より公正な裁判を受けられることになった」と強調した。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る