金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正男氏暗殺事件、裁判が延期…早ければ今年下半期に判決

金正恩北朝鮮国務委員長の異母兄、金正男氏を殺害した容疑が掛けられている女性2人に対する裁判は、3月以降に改めて開かれる。

24日、フリー・マレーシア・トゥデイなどの現地メディアによると、マレーシアの控訴裁判所はこの日、検察側の証人7人が警察で供述した内容の提供を求める、インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(女性・27歳)の要請を受け入れ、裁判を延期した。公正な裁判を受けられる様にしなければならないとの趣旨による。

裁判部によると、検察は2週間以内に証人らが供述した内容を、アイシャ被告の弁護人に提出しなければならない。しかし検察側は裁判所の判決について、不服の意を明らかにし、連邦裁判所に即時上告すると発表した。

また、今月28日に再開予定だった被告人らに対する裁判も、上告審が結審するまでの中断を要請した。裁判部は、アイシャ被告と共に金正男氏を殺害した容疑で起訴されている、ベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告(女性・31才)も判決内容を知る必要があると、今後の裁判中断の手続きを取る事を指示した。

アイシャ被告とフォン被告は、リ・ジェナム(59才)、リ・ジヒョン(35才)、ホン・ソンハク(36才)、オ・ジョンギル(57才)ら北朝鮮籍の容疑者4人と共に、金正男氏を殺害するための計画に加担したとの容疑が掛けられている。

アイシャ被告の弁護人は、「北朝鮮籍の4人と連絡が付かない状況だったが、今回の判断によって、より明確に事件の全貌を描く事になるだろう」と、「この間、2人の証人にインタビューしたものの、非協力的だった」と話している。

また、「供述の共有は、彼らが嘘をついているのかを判断するのに役立つ」とし、「これにより、より公正な裁判を受けられることになった」と強調した。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »