飛行機の隣席にワンちゃん…感動的な搭乗の理由とは?

写真= Massimo Ceccarelliのフェイスブックより

飛行機の隣席に座ったワンちゃん…感動的な搭乗の理由とは?

飛行機に搭乗し大人しい姿で座席の向こうをじっと見つめている大型犬の動画がネットで話題を集めている。

香港サウスチャイナ・モーニング・ポストは最近、タイ・バンコクから中国・武漢に向かう中国南方航空の航空機に搭乗したアラスカン・マラミュートの話を紹介した。

離陸前に撮影されたとみられる動画には飛行機の座席に大人しく座って出発を待つ大型マラミュートの姿が収められている。

この特別な乗客は情緒障害のある主人を保護するために飛行機に搭乗した。記事によると、このマラミュートは主人が飛行中にストレスを受ける状況に備えて、心理的な安定感を与える役割を果すため同席したという。

中国南方航空の報道官は「主人である乗客の情緒安定のため、特別に搭乗を許可した」と説明した。

このエピソード自体は去年2月の事だが、最近中国のSNSなどで動画が拡散され、再び話題になっている。

一般的に中国の航空会社はペットなど動物と一緒に旅客機に搭乗することを認めていない。保護犬の場合は例外扱いとするが、担当医の意見書と犬の健康証明書などが必要となる。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国経済は新型コロナウイルス感染症の影響で、今年第2四半期に過去最悪の成長率-32.9%を記録した。…
  2. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  3. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  4. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  5. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »