飛行機の隣席にワンちゃん…感動的な搭乗の理由とは?

写真= Massimo Ceccarelliのフェイスブックより

飛行機の隣席に座ったワンちゃん…感動的な搭乗の理由とは?

飛行機に搭乗し大人しい姿で座席の向こうをじっと見つめている大型犬の動画がネットで話題を集めている。

香港サウスチャイナ・モーニング・ポストは最近、タイ・バンコクから中国・武漢に向かう中国南方航空の航空機に搭乗したアラスカン・マラミュートの話を紹介した。

離陸前に撮影されたとみられる動画には飛行機の座席に大人しく座って出発を待つ大型マラミュートの姿が収められている。

この特別な乗客は情緒障害のある主人を保護するために飛行機に搭乗した。記事によると、このマラミュートは主人が飛行中にストレスを受ける状況に備えて、心理的な安定感を与える役割を果すため同席したという。

中国南方航空の報道官は「主人である乗客の情緒安定のため、特別に搭乗を許可した」と説明した。

このエピソード自体は去年2月の事だが、最近中国のSNSなどで動画が拡散され、再び話題になっている。

一般的に中国の航空会社はペットなど動物と一緒に旅客機に搭乗することを認めていない。保護犬の場合は例外扱いとするが、担当医の意見書と犬の健康証明書などが必要となる。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »