韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力な方式を11日より実施したからだ。

地元メディアは12日、海外アダルトサイトなど、政府が違法として規定したウェブサイトへのアクセスが前日から大量にブロックされたと報じた。当局の関係者によると、約800のサイトが影響を受け、韓国からのアクセスが出来なくなったという。

韓国政府は昨年だけで、約24万のサイトを接続遮断・削除の処置を行った。大体はポルノサイトや売春斡旋、賭博サイト。しかし、アクセスを遮断したとしても迂回のアクセス方法がユーザーらに出回り、その実効性については疑問視されていた。

そのため、政府は既存の「URL遮断方式」より大幅に強化された「SNIフィールドブロック方式」を導入し、今回初めて実施することになった。しかし同方式ついては批判が殺到している。

「SNIフィールドブロック方式は政府がサイトとユーザーの間で行き来するデータ情報を直接チェックする方式だ。個人情報も含まれており、ネット民の表現の自由は委縮させる」「SNIフィールドブロック方式はサイトのセキュリティ上の透きを利用すること。政府がこれを活用することが正しいなのかは疑問だ」「政府が同方式を違法サイトへのアクセス遮断だけに利用するという保証はない」という意見がネット上で殺到している。

さらに「先進国のなかで大人がアダルトサイトを見ることを法で禁止する国はない」「違法サイトへの制裁は賛成だが、過度な規制は国民の自由を侵害しかねない。アダルトサイトへの無条件的な遮断こそが違法だ」と反発する声も聞こえている。

しかし、こういう韓国政府のアクセス遮断も長くは続かないようだ。これまでと同様にネット民は解決策を見つけたようで、すでに迂回して遮断されたサイトにアクセスできる方法がネット上で急速に広まっている。

【関連ニュース】

韓国ではアダルトサイトを見ることもダメ?過度な処置に不満爆発
リベンジポルノに怒り爆発…処罰強化を訴える請願殺到

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »