ICO、今年上半期で昨年全体の2倍超え

ICO、今年上半期で昨年全体の2倍超え

中国・米国など主要国での新規仮想通貨公開(ICO)における取締の強化や、大手取引所での相次ぐ詐欺事例などの悪材料にも関わらず、依然としてとどまるところを知らないICOブーム。米ブルームバーグ通信は2日、今年に入り行われたICOの規模が既に昨年の2倍を超えたと報道した。

ケイマン諸島に拠点を置いたスタートアップ(創業初期企業)であるBlock.oneの場合は、現在進行中のICOにおいて約40億ドル(4兆2856億ウォン)を集めることができるのではないかと期待されている。この予測通りであれば、同種企業の中で歴代最大の規模になる。

ICOデータを専門に取り扱うコインスケジュールによると、Block.oneの事例を抜きにしても、今年に入り行われたICOの規模は既に90億ドルを超えている。昨年の40億ドル未満という額に比べると2倍以上の水準だ。また、メッセージングアプリのテレグラムが17億ドルの資金調達に成功したことも明らかとなった。

コインスケジュールの共同創業者であるアレックス・ミカエリス氏は「ICO市場は依然として盛り上がっている。今年はとりわけイオスとテレグラムのICOが成功を収めた」と評価しつつも、「テレグラムは民間の投資家のみを対象とし、またイオスにおいても一定期間、取引所を通しての取引を続けたことが価格に影響を与えたのだと考察すると典型的なICO事例とは言えない」とも語った。

ブルームバーグはICOブームについて、今年のICOブームは主要国がデジタルトークンの規制を強化している中で起こった現象であるため、今後より一層の注目を集めることになると評価した。

ブルームバーグの報道のように世界各国はデジタルトークンの規制を強化している。米法務局では最近、仮想通貨の価格操作におけるトレーダーらの関与疑惑をめぐり調査が開始した。中国に至っては昨年の下半期以降、ICOを全面禁止としている。

先月に暗号通貨取引詐欺の取締に乗り出した米証券取引委員会(SEC)についても、暗号通貨を証券として分類する目論見ではないかとの疑念を呼び起こしている。

翻訳者:M.I

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »