ICO、今年上半期で昨年全体の2倍超え

ICO、今年上半期で昨年全体の2倍超え

中国・米国など主要国での新規仮想通貨公開(ICO)における取締の強化や、大手取引所での相次ぐ詐欺事例などの悪材料にも関わらず、依然としてとどまるところを知らないICOブーム。米ブルームバーグ通信は2日、今年に入り行われたICOの規模が既に昨年の2倍を超えたと報道した。

ケイマン諸島に拠点を置いたスタートアップ(創業初期企業)であるBlock.oneの場合は、現在進行中のICOにおいて約40億ドル(4兆2856億ウォン)を集めることができるのではないかと期待されている。この予測通りであれば、同種企業の中で歴代最大の規模になる。

ICOデータを専門に取り扱うコインスケジュールによると、Block.oneの事例を抜きにしても、今年に入り行われたICOの規模は既に90億ドルを超えている。昨年の40億ドル未満という額に比べると2倍以上の水準だ。また、メッセージングアプリのテレグラムが17億ドルの資金調達に成功したことも明らかとなった。

コインスケジュールの共同創業者であるアレックス・ミカエリス氏は「ICO市場は依然として盛り上がっている。今年はとりわけイオスとテレグラムのICOが成功を収めた」と評価しつつも、「テレグラムは民間の投資家のみを対象とし、またイオスにおいても一定期間、取引所を通しての取引を続けたことが価格に影響を与えたのだと考察すると典型的なICO事例とは言えない」とも語った。

ブルームバーグはICOブームについて、今年のICOブームは主要国がデジタルトークンの規制を強化している中で起こった現象であるため、今後より一層の注目を集めることになると評価した。

ブルームバーグの報道のように世界各国はデジタルトークンの規制を強化している。米法務局では最近、仮想通貨の価格操作におけるトレーダーらの関与疑惑をめぐり調査が開始した。中国に至っては昨年の下半期以降、ICOを全面禁止としている。

先月に暗号通貨取引詐欺の取締に乗り出した米証券取引委員会(SEC)についても、暗号通貨を証券として分類する目論見ではないかとの疑念を呼び起こしている。

翻訳者:M.I

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る