ICO、今年上半期で昨年全体の2倍超え

ICO、今年上半期で昨年全体の2倍超え

中国・米国など主要国での新規仮想通貨公開(ICO)における取締の強化や、大手取引所での相次ぐ詐欺事例などの悪材料にも関わらず、依然としてとどまるところを知らないICOブーム。米ブルームバーグ通信は2日、今年に入り行われたICOの規模が既に昨年の2倍を超えたと報道した。

ケイマン諸島に拠点を置いたスタートアップ(創業初期企業)であるBlock.oneの場合は、現在進行中のICOにおいて約40億ドル(4兆2856億ウォン)を集めることができるのではないかと期待されている。この予測通りであれば、同種企業の中で歴代最大の規模になる。

ICOデータを専門に取り扱うコインスケジュールによると、Block.oneの事例を抜きにしても、今年に入り行われたICOの規模は既に90億ドルを超えている。昨年の40億ドル未満という額に比べると2倍以上の水準だ。また、メッセージングアプリのテレグラムが17億ドルの資金調達に成功したことも明らかとなった。

コインスケジュールの共同創業者であるアレックス・ミカエリス氏は「ICO市場は依然として盛り上がっている。今年はとりわけイオスとテレグラムのICOが成功を収めた」と評価しつつも、「テレグラムは民間の投資家のみを対象とし、またイオスにおいても一定期間、取引所を通しての取引を続けたことが価格に影響を与えたのだと考察すると典型的なICO事例とは言えない」とも語った。

ブルームバーグはICOブームについて、今年のICOブームは主要国がデジタルトークンの規制を強化している中で起こった現象であるため、今後より一層の注目を集めることになると評価した。

ブルームバーグの報道のように世界各国はデジタルトークンの規制を強化している。米法務局では最近、仮想通貨の価格操作におけるトレーダーらの関与疑惑をめぐり調査が開始した。中国に至っては昨年の下半期以降、ICOを全面禁止としている。

先月に暗号通貨取引詐欺の取締に乗り出した米証券取引委員会(SEC)についても、暗号通貨を証券として分類する目論見ではないかとの疑念を呼び起こしている。

翻訳者:M.I

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »