香港の仮想通貨取引所、DDos攻撃により一時取引中断

香港の仮想通貨取引所、DDos攻撃により一時取引中断

世界最大の仮想通貨取引所であるビットフィネックスが再びDDos(分散型DoS)攻撃を受け、取引が一時中断される事態となった。

現地時間5日の米経済番組CNBCによると、ビットフィネックスの関係者は「今朝のDDos攻撃を受け一時間ほど取引が中断された。午前11時より平常通りに取引が行われている」と明らかにした。

また「取引の運営に支障は生じたものの利用者のIDや資金、口座残高などには異常が認められない。引き続き注意深く状況を見守りたい」と付け加えた。

ビットフィネックスは個人間(P2P)のビットコイン取引所として、2012年に香港で誕生した。以降はその他の仮想通貨についても取り扱いを行っている。

今回の報道を受けビットコインの価格は2.2%も下落した。一時は7360ドルまで落ち込んだが、現在は安定を取り戻し始めている。コインデスクによると、24時間前に比べ1.67%高の7615.95ドルで取引された(午後7時58分基準)。

ビットフィネックスは昨年末にも数回に渡りDDos攻撃を受けている。2016年8月にもハッキング攻撃によりコイン12万個を失い、6800万ドル(約728億2800万ウォン)もの損失を被った。

日本の仮想通貨取引所であるコインチェックも今年初めに受けたハッキング攻撃によりネム(NEM)など総額5億ドルに達する仮想通貨が流出した。ネムは時価総額基準で第10位に該当する。コインチェックはその後、日本3位のオンライン証券会社であるマネックスに買収された。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  2. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  3. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  4. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  5. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »