香港の仮想通貨取引所、DDos攻撃により一時取引中断

香港の仮想通貨取引所、DDos攻撃により一時取引中断

世界最大の仮想通貨取引所であるビットフィネックスが再びDDos(分散型DoS)攻撃を受け、取引が一時中断される事態となった。

現地時間5日の米経済番組CNBCによると、ビットフィネックスの関係者は「今朝のDDos攻撃を受け一時間ほど取引が中断された。午前11時より平常通りに取引が行われている」と明らかにした。

また「取引の運営に支障は生じたものの利用者のIDや資金、口座残高などには異常が認められない。引き続き注意深く状況を見守りたい」と付け加えた。

ビットフィネックスは個人間(P2P)のビットコイン取引所として、2012年に香港で誕生した。以降はその他の仮想通貨についても取り扱いを行っている。

今回の報道を受けビットコインの価格は2.2%も下落した。一時は7360ドルまで落ち込んだが、現在は安定を取り戻し始めている。コインデスクによると、24時間前に比べ1.67%高の7615.95ドルで取引された(午後7時58分基準)。

ビットフィネックスは昨年末にも数回に渡りDDos攻撃を受けている。2016年8月にもハッキング攻撃によりコイン12万個を失い、6800万ドル(約728億2800万ウォン)もの損失を被った。

日本の仮想通貨取引所であるコインチェックも今年初めに受けたハッキング攻撃によりネム(NEM)など総額5億ドルに達する仮想通貨が流出した。ネムは時価総額基準で第10位に該当する。コインチェックはその後、日本3位のオンライン証券会社であるマネックスに買収された。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »