コインレール「7月15日サービス再開…ハッキング復旧作業中」

コインレール「7月15日サービス再開…ハッキング復旧作業中」

10日にハッキング被害を受けた韓国の仮想通貨取引所コインレールが、来月15日にサービスを再開するとの方針を明らかにした。コインレールは、現在も捜査が進行中であるという点、また類似の被害を防止するためのセキュリティテスト実施日程などを考慮した結果、上記のようなスケジュールになったという。

コインレールは18日、自社の公式Twitterアカウントに「7月15日のサービス再開を目標に、現在システム改修および補強作業を進めている」と投稿した。

コインレールはまず、被害が発生したコインのうちイーサリアムに対しての復旧案を立てたと伝えた。さらに「現在コイン開発会社や仮想通貨取引所などの様々な専門家らの助けを借り、復旧準備を行っている。6月末には経過を報告する予定だ」と説明した。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »