日中韓自由貿易協定、15回交渉会合が東京で開催

日中韓自由貿易協定、15回交渉会合が東京で開催

日中韓自由貿易協定(FTA)の第15回交渉会合が9日から4日間、東京で開催される。

日本側は香川剛廣外務省特命全権大使、韓国側は呂翰九(ヨ・ハング)韓国産業通商資源部通商交渉室長、中国側は李成鋼 中国商務部部長助理が首席代表として参加する。14回の交渉会合は昨年12月に中国・北京で開かれた。

日中韓は今回の交渉で商品・サービス市場の開放、投資留保交渉など核心争点分野での進展状況を点検する。これまで中断された通関・競争・電子商取引などの分野の分科別交渉も再開する。

特に3国がすべて参加している東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の年内妥結を目指し議論されているだけに、RCEPより高いレベルの自由化を達成しようという目標を再確認し、実行案を重点的に議論する予定だ。

韓国の呂室長は「最近、保護貿易主義が強化されており、それに対応するためにも日中韓FTAの重要性は大きい。交渉の進展のために3国が柔軟性を発揮しなければならない時だ」と語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る