「同性愛・不倫は石打ちで死刑」…ブルネイ政府に非難殺到

「同性愛・不倫は石打ちで死刑」…ブルネイ政府に非難殺到

同性愛行為や不倫に対し石打ちによる死刑を科する制度などを盛り込んだブルネイの新しい刑法「シャリーア法(イスラム法)」が施行された。

米CNNなどの海外メディアは最近、ブルネイが国際社会からシャリーア法の廃棄を求められたにも関わらず、イスラムの影響力を強化するために同刑法を導入したと報じた。

ブルネイ政府は去年12月、非イスラム信徒、未成年者、旅行者にも適用される、シャリーア法の実施を予告した。

同法によると、同性間性行為や不倫に対しては命を失われるまで石打ちする投石死刑を実施。また窃盗の場合、初犯は右手の手首を、再犯は左足の足首を切断するとしている。

イスラム国家であるブルネイは2015年からクリスマス行事を禁じており、摘発された場合には懲役5年が科せられる。また酒類販売や宣教活動も禁じられている。

一方、今回のシャリーア法の拡大適用をめぐり国際社会では批判の声が上がっている。国際連合人権委員会は今月1日に声明を発表し、国民の人権を深刻に侵害しかねない過酷な新律法を撤回するようブルネイ政府に求めた。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(AI)もブルネイの残酷な死刑制度を直ちに中断するよう声をあげた。

また、米国の俳優ジョージ・クルーニーや英国の歌手エルトン・ジョンなどのスターらも強く反発し、ブルネイ投資庁が所有している米・ロサンゼルスの「ビバリーヒルズ・ホテル」や英ロンドンの「ザ・ドーチェスター」など9つの高級ホテルのボイコットを呼びかけた。

しかしブルネイのハサナル・ボルキア国王兼首相は国際の非難にも「シャリーア法はイスラムの律法を違反した場合に処罰するだけではなく、宗教や理念、国籍を問わず、全ての個人の教育と権利の尊重および保護のためにも必要なものだ」との見解を示している。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »