「同性愛・不倫は石打ちで死刑」…ブルネイ政府に非難殺到

「同性愛・不倫は石打ちで死刑」…ブルネイ政府に非難殺到

同性愛行為や不倫に対し石打ちによる死刑を科する制度などを盛り込んだブルネイの新しい刑法「シャリーア法(イスラム法)」が施行された。

米CNNなどの海外メディアは最近、ブルネイが国際社会からシャリーア法の廃棄を求められたにも関わらず、イスラムの影響力を強化するために同刑法を導入したと報じた。

ブルネイ政府は去年12月、非イスラム信徒、未成年者、旅行者にも適用される、シャリーア法の実施を予告した。

同法によると、同性間性行為や不倫に対しては命を失われるまで石打ちする投石死刑を実施。また窃盗の場合、初犯は右手の手首を、再犯は左足の足首を切断するとしている。

イスラム国家であるブルネイは2015年からクリスマス行事を禁じており、摘発された場合には懲役5年が科せられる。また酒類販売や宣教活動も禁じられている。

一方、今回のシャリーア法の拡大適用をめぐり国際社会では批判の声が上がっている。国際連合人権委員会は今月1日に声明を発表し、国民の人権を深刻に侵害しかねない過酷な新律法を撤回するようブルネイ政府に求めた。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(AI)もブルネイの残酷な死刑制度を直ちに中断するよう声をあげた。

また、米国の俳優ジョージ・クルーニーや英国の歌手エルトン・ジョンなどのスターらも強く反発し、ブルネイ投資庁が所有している米・ロサンゼルスの「ビバリーヒルズ・ホテル」や英ロンドンの「ザ・ドーチェスター」など9つの高級ホテルのボイコットを呼びかけた。

しかしブルネイのハサナル・ボルキア国王兼首相は国際の非難にも「シャリーア法はイスラムの律法を違反した場合に処罰するだけではなく、宗教や理念、国籍を問わず、全ての個人の教育と権利の尊重および保護のためにも必要なものだ」との見解を示している。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が17日、新型戦術誘導兵器の射撃実験を視察したと、朝鮮中央通信が報じた…
  2. 韓国南部の晋州市(チンジュし)で17日、通り魔事件が発生した。40代男性が自身の部屋に火をつけた後、…
  3. 経済専門メディア「フォーブス」は16日、ブロックチェーンの分野で将来10億ドル以上の価値を持つと評価…
  4. 膠着状態に陥った米朝対話の勢いを取り戻すべく、文在寅大統領が4回目の南北首脳会談を計画しているものの…
  5. フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。…

おすすめ記事

  1. 2019-4-15

    仮想通貨業界で今年注目の4大ワードは?

    仮想通貨専門メディアのビットコインエクスチェンジガイドは最近、今年の仮想通貨の成長傾向を予測する4大…
  2. 2019-4-11

    実際のブラックホール写真が初公開…「我々の理論と予測が正しかった」

    世界で初めてブラックホールの存在とその姿が公開された。EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)理…
  3. 2019-4-9

    グーグルとアップルの覇権争いが勃発…5Gゲームコンテンツが収益源として浮上

    グーグルとアップルが5G常用化を前に、新たなゲーム・プラットフォーム開発を宣言した。グーグルとアップ…
  4. 2019-4-6

    スターバックス、真の目的はビットコイン銀行

    昨年8月、スターバックスがICEのBakkt(ビットコイン先物取引などを行うことができるプラットフォ…
  5. 2019-4-5

    没落した英雄…ゴーン会長が4度目の逮捕

    日本の検察は、保釈金を支払い先月6日に釈放されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長を4日、特別背任容疑…

アーカイブ

ページ上部へ戻る