ビットコイン、「再下落可能性も」 VS「反騰の兆し」

ビットコイン、「再下落可能性も」 VS「反騰の兆し」

先週末に5800ドル台まで押されたビットコイン価格が現地時間25日、6200台を回復した。そういった中、仮想通貨専門家の間では今後の展望をめぐり意見が割れている。

ブロックチェーン投資専門のベンチャーキャピタリストが再下落の可能性を憂慮する一方、仮想通貨投資専門ファンドの最高経営責任者(CEO)は価格反騰の兆しを捉えていると主張した。

■「最近反騰したビットコイン、再び下落する可能性が高い」

ブロックチェーン・キャピタルパートナーであるスペンサー・ボガート氏は同日、CNBCのインタビューで「多数の仮想通貨投資ヘッジファンドの満了期日が近づいていることから、ビットコイン価格が下がる可能性がある」と発言した。

「仮想通貨の価格が急騰した昨年夏、雨後の筍のように誕生した300ものファンドが満了期日である1年を迎えた。このような要因が価格を下落させる可能性がある」と説明した。さらに「ビットコイン価格が1年間で50%以上急落し、ブローカーと取引所間の橋渡しをする業者らも売りを検討中だ」と付け加えた。

昨年12月には2万ドル台にまで迫っていたビットコイン価格は現在、6000台に下落した。コインデスクによると、日本時間の26日13時5分時点で、24時間前より0.3%安の6226.89ドルで取引されたという。

■「アジア需要が急増、反騰の兆し」

一方、仮想通貨投資会社であるBKCM LLCのブライアン・ケリーCEOは「断定するのはまだ少し早いが、ビットコインの反騰が期待できる兆しがある」として、アジアの投資家たちの需要が急増している点を根拠に挙げた。

彼は「最近ビットコイン価格は5779ドルまで急落し底値を記録したが、僅か10〜15分の間に200ポイントも急騰したことがあった。この例は、ビットコインが底打ちの場面で見せる典型的な姿だ」と評価した。

さらに「ビットコインの発掘費用は5900ドル水準であるため、価格がこれを上回ってこそ、業者らが発掘を行うだけの価値が生じるのだ」と付け加えた。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本の対韓国貿易収支が約1兆8000億円(前年比19.0%減)の黒字を記録したが、欧州の財政危機直後…
  2. 投資銀行ゴールドマン・サックスは、武漢市で発生した新型肺炎が国際原油価格を引き下げるほどの脅威になっ…
  3. 中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染者が571人まで増加し、死者も17人となった。この…
  4. 米ネットフリックスが21日(現地時間)、昨年第4四半期の実績を発表した。発表によると、海外の新規会員…
  5. ロシア極東ウラジオストクに輸入された日本製の自動車から基準値を超える放射線が検出され、日本に返送した…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る