ビットコイン、「再下落可能性も」 VS「反騰の兆し」

ビットコイン、「再下落可能性も」 VS「反騰の兆し」

先週末に5800ドル台まで押されたビットコイン価格が現地時間25日、6200台を回復した。そういった中、仮想通貨専門家の間では今後の展望をめぐり意見が割れている。

ブロックチェーン投資専門のベンチャーキャピタリストが再下落の可能性を憂慮する一方、仮想通貨投資専門ファンドの最高経営責任者(CEO)は価格反騰の兆しを捉えていると主張した。

■「最近反騰したビットコイン、再び下落する可能性が高い」

ブロックチェーン・キャピタルパートナーであるスペンサー・ボガート氏は同日、CNBCのインタビューで「多数の仮想通貨投資ヘッジファンドの満了期日が近づいていることから、ビットコイン価格が下がる可能性がある」と発言した。

「仮想通貨の価格が急騰した昨年夏、雨後の筍のように誕生した300ものファンドが満了期日である1年を迎えた。このような要因が価格を下落させる可能性がある」と説明した。さらに「ビットコイン価格が1年間で50%以上急落し、ブローカーと取引所間の橋渡しをする業者らも売りを検討中だ」と付け加えた。

昨年12月には2万ドル台にまで迫っていたビットコイン価格は現在、6000台に下落した。コインデスクによると、日本時間の26日13時5分時点で、24時間前より0.3%安の6226.89ドルで取引されたという。

■「アジア需要が急増、反騰の兆し」

一方、仮想通貨投資会社であるBKCM LLCのブライアン・ケリーCEOは「断定するのはまだ少し早いが、ビットコインの反騰が期待できる兆しがある」として、アジアの投資家たちの需要が急増している点を根拠に挙げた。

彼は「最近ビットコイン価格は5779ドルまで急落し底値を記録したが、僅か10〜15分の間に200ポイントも急騰したことがあった。この例は、ビットコインが底打ちの場面で見せる典型的な姿だ」と評価した。

さらに「ビットコインの発掘費用は5900ドル水準であるため、価格がこれを上回ってこそ、業者らが発掘を行うだけの価値が生じるのだ」と付け加えた。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »