ビットコイン、「再下落可能性も」 VS「反騰の兆し」

ビットコイン、「再下落可能性も」 VS「反騰の兆し」

先週末に5800ドル台まで押されたビットコイン価格が現地時間25日、6200台を回復した。そういった中、仮想通貨専門家の間では今後の展望をめぐり意見が割れている。

ブロックチェーン投資専門のベンチャーキャピタリストが再下落の可能性を憂慮する一方、仮想通貨投資専門ファンドの最高経営責任者(CEO)は価格反騰の兆しを捉えていると主張した。

■「最近反騰したビットコイン、再び下落する可能性が高い」

ブロックチェーン・キャピタルパートナーであるスペンサー・ボガート氏は同日、CNBCのインタビューで「多数の仮想通貨投資ヘッジファンドの満了期日が近づいていることから、ビットコイン価格が下がる可能性がある」と発言した。

「仮想通貨の価格が急騰した昨年夏、雨後の筍のように誕生した300ものファンドが満了期日である1年を迎えた。このような要因が価格を下落させる可能性がある」と説明した。さらに「ビットコイン価格が1年間で50%以上急落し、ブローカーと取引所間の橋渡しをする業者らも売りを検討中だ」と付け加えた。

昨年12月には2万ドル台にまで迫っていたビットコイン価格は現在、6000台に下落した。コインデスクによると、日本時間の26日13時5分時点で、24時間前より0.3%安の6226.89ドルで取引されたという。

■「アジア需要が急増、反騰の兆し」

一方、仮想通貨投資会社であるBKCM LLCのブライアン・ケリーCEOは「断定するのはまだ少し早いが、ビットコインの反騰が期待できる兆しがある」として、アジアの投資家たちの需要が急増している点を根拠に挙げた。

彼は「最近ビットコイン価格は5779ドルまで急落し底値を記録したが、僅か10〜15分の間に200ポイントも急騰したことがあった。この例は、ビットコインが底打ちの場面で見せる典型的な姿だ」と評価した。

さらに「ビットコインの発掘費用は5900ドル水準であるため、価格がこれを上回ってこそ、業者らが発掘を行うだけの価値が生じるのだ」と付け加えた。

翻訳者:M.I

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »