Googleの「ドローン配送サービス」が許可

Googleの「ドローン配送サービス」が許可

米国連邦航空局(FAA)が23日(現地時間)、Googleの親会社アルファベット傘下のウイング・アビエーションが申請したドローンによる商品配送サービスを許可した。これでウイング・アビエーション社は年内にバージニア州でドローンを利用した物流事業を正式に開始することができるようになった。

市場では、FAAがウイング・アビエーションのドローン配送事業を2020〜21年に承認すると予想した。このため、アマゾンなどの同じサービスを準備している企業らの参入が相次ぐとみられ、今後の熾烈な競争が予想される。

FAAの許可内容をみると、バージニア州・ブラックスバーグの周辺に制限している。ウイング・アビエーションはこれまでバージニア工科大学などと提携し、食べ物のドローン配送を同地域を中心に試験的に実施してきた。またオーストラリアでは、独自に開発したハイブリッド・ドローンで何千回の飛行実験を通じて、最近現地でドローン配送事業の承認を受けた。

今回の承認を契機にウイング・アビエーション社の収益性の基盤が作られ、事業範囲も徐々に拡大できると予想される。またドローン分野はもちろん配送事業の分野でも今後大きな影響力を発揮すると分析されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が、来年夏までに世界の全ての国が新型コロナウイルスのワク…
  2. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  3. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  4. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  5. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »