Googleの「ドローン配送サービス」が許可

Googleの「ドローン配送サービス」が許可

米国連邦航空局(FAA)が23日(現地時間)、Googleの親会社アルファベット傘下のウイング・アビエーションが申請したドローンによる商品配送サービスを許可した。これでウイング・アビエーション社は年内にバージニア州でドローンを利用した物流事業を正式に開始することができるようになった。

市場では、FAAがウイング・アビエーションのドローン配送事業を2020〜21年に承認すると予想した。このため、アマゾンなどの同じサービスを準備している企業らの参入が相次ぐとみられ、今後の熾烈な競争が予想される。

FAAの許可内容をみると、バージニア州・ブラックスバーグの周辺に制限している。ウイング・アビエーションはこれまでバージニア工科大学などと提携し、食べ物のドローン配送を同地域を中心に試験的に実施してきた。またオーストラリアでは、独自に開発したハイブリッド・ドローンで何千回の飛行実験を通じて、最近現地でドローン配送事業の承認を受けた。

今回の承認を契機にウイング・アビエーション社の収益性の基盤が作られ、事業範囲も徐々に拡大できると予想される。またドローン分野はもちろん配送事業の分野でも今後大きな影響力を発揮すると分析されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…
  4. 米国のトランプ大統領が大陸間弾道ミサイルの実験を再開したとみられる北朝鮮に強力な警告のメッセージを送…
  5. 石油輸出国機構(OPEC)が総会で減産量をより増やすこと議論し、合意にほぼ達したことがわかった。5日…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る