UPbit、実査報告書公開…「顧客資産管理は万全」

UPbit、実査報告書公開…「顧客資産管理は万全」

-仮想通貨は103%、預金は127%保有

韓国仮想通貨取引所UPbitを運営するDUNAMU(ドゥナム)は3日、仮想通貨と預金の実査報告書を公開した。同報告書は6月28日午前4時基準で、DUNAMUがEUGENE(ユジン)会計法人に依頼して実査を受けた報告書。会計法人による監査手続で、顧客の資産を安全に保管していることをアピールするのが目的だ。

DUNAMUのイ・ソクウ代表は「顧客に支払わなければならない資産(仮想通貨及び金銭)以上の仮想通貨と金銭を保有している」とし、「これは顧客が望む時にはいつでも支払える事を意味する」と語った。

報告書によると、△仮想通貨実査の結果、UPbitは顧客に支払う仮想通貨対比で約103%の仮想通貨を保有しており、△預金実査の結果、UPbitは顧客に対して支払う金銭対比で127%の金銭を保有している。

今回の実査は2018年6月28日から29日までの2日間、DUNAMU本社で行われた。仮想通貨の実査はDUNAMUが開発した内部電子ウォレットと、専門業者が提供する電子ウォレットの実在性を検証する方法により確認された。預金の実査はDUNAMUが保有している預金明細書を元に、該当金融機関に照会して確認した。

イ・ソクウ代表は「今後も定期的に実査を行い、その結果を公開する計画」と明かした。仮想通貨及び預金実査報告書はUPbitのホームページ内の顧客センターのお知らせから確認出来る。

一方でUPbitは、マネーロンダリング及び不法資金調達防止のため、ワールド・チエック・ソリューションの導入、資金の流れを追跡するシステム「Chainalysis」の導入、仮想通貨を利用したネズミ講の最初の申告者に10万円の報奨金を支払う「ネズミ講コイン申告制」などを施行して、信頼される仮想通貨取引市場づくりに注力している。最近では詐欺電話の容疑者を摘発し、現行犯逮捕に一役買った事もある。

また子会社としてDunamu&Partnersを設立。100億円規模の投資計画を発表し、ブロックチェーン生態系の造成でも先頭に立っている。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »