クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

クジラに飲み込まれた男性、助かった理由は?

ダイビングをしていた50代男性がクジラに飲み込まれそうになった事件が発生した。

オーストラリア・News.com.auなど海外メディアは最近、南アフリカ共和国・ポートエリザベス近くでダイビングツアーをしていたライナー・シェイフ(51)さんが巨大なニタリクジラに飲み込まれたが、無事に生還したと報じた。

この日、シェイフさんは二人の仲間と一緒にシュノーケリングをしていた。サメの姿を撮影しようとした瞬間、巨大な何かがシェイフさんを襲った。

シェイフさんは「周りが真っ暗になり、お尻に圧力を感じた。クジラに飲み込まれたことに気付いた」とし、「恐怖を感じる時間もなかった。飲み込まれた瞬間、本能通り行動した。クジラが深海で吐き出すことを予想し息を止めた」と当時の状況を語った。

幸にもクジラはすぐにシェイフさんを吐き出し、彼は助かることができた。

大きさが15m以上のニタリクジラは大西洋、インド洋、太平洋など世界のあらゆる海に生息している。ニタリクジラは主にオキアミ、プランクトン、サバ、イワシなどを食べる。

シェイフさんを飲み込んだニタリクジラは普段食べていたものと違ったため、彼を吐き出したとみられる。

全てを見ていた仲間のダイバーは「クジラは人を食べない。私たちを攻撃したわけでもなく、ただの偶然だっただけ」と説明した。

シェイフさんは「もし私を飲み込んだのがサメだったなら、私は今ここにいないだろう」と安堵した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の新型コロナウイルス感染者数が前日より20人増加した。…
  2. 最近、朝鮮半島で小規模な地震が多発している事で、韓国の地震の専門家らが大型地震発生の可能性を警告して…
  3. ソフトバンクが所有する米Tモバイルの株式200億ドル(約2兆1564億円)分の売却を進めている。…
  4. 韓国の新型コロナウイルス感染者数が前日より32人増加した。一日あたりの新規感染者が30人台に増えたの…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…

おすすめ記事

  1. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  2. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  3. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
  4. 世界各地で移動制限(シャットダウン)が徐々に緩和される事で、新型コロナウイルスの感染者が再び増加する…
  5. 自宅隔離者用の安全保護アプリをダウンロードした上で設定し、個人情報を入力して係員(軍から支援活動に来…
ページ上部へ戻る
Translate »