イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し、中東情勢が再び大きく揺れている。

イラン外務省は同日の声明で、「最高国家安全保障会議の決定に基づいて、イランは核合意でイランが約束した義務の一部を履行しないことにする」と発表した。また自国に駐在する核合意の署名国(英・仏・独・中・露)の大使に、核合意の履行縮小と関連する法的、技術的内容を盛り込んだ詳細な書簡を伝達したと伝えた。

ハッサン・ロウハニ大統領は同日午前、対国民演説を通じて「イランは核合意で履行する内容を縮小する予定だが、完全に撤回はしない」と述べた。地元メディアによると、核合意に基づいて中断していたウラン濃縮活動を再開することもできると報じた。

このような突然の宣言の背景には米国による対イラン制裁への不満がある。トランプ米大統領は大統領選挙候補時代から、核合意ではイランの戦略ミサイル開発プログラムを中断させないと批判してきた。昨年はついにイランとの核合意から脱退を宣言するとともに、対イラン経済制裁も踏み切った。イランの「金づる」となっている原油輸出も今月2日をもって完全禁止を実行し、イラン政府内で不満が高まっていたという。

イランの核合意一部停止で米外交の歩みも急迫している。ポンペオ国務長官は予定されたドイツ訪問をキャンセルし、急いでイラク・バグダッドに飛び、イラク大統領らと面会した。ポンペオ長官はバグダッドに向かう機内で記者団に、イランの軍事的動きが大きくなっているとの報告があったため、イラクを緊急訪問することになったと語っただけで、詳細な内容については言及しなかった。CNNは米政府の関係者の言葉として、イランが湾岸で船を利用し、ミサイルを移動させたと報道した。

ポンペオ長官はバグダッドで、「イラクが主権国家を維持できるように米国が支援する」、「特にヨルダンとサウジアラビアをはじめとする湾岸の友好国と引き続き協力していく」語った。イランの動きをけん制するようかの発言だ。米国務省の高官もポンペオ長官のイラク訪問について「米国はイラクを含めて、どこからでも退かないという警告性メッセージだ」と説明している。

米国は、空母やB-52爆撃機を含む飛行団を中東地域に派遣し、現地に移動中だと発表している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »