イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し、中東情勢が再び大きく揺れている。

イラン外務省は同日の声明で、「最高国家安全保障会議の決定に基づいて、イランは核合意でイランが約束した義務の一部を履行しないことにする」と発表した。また自国に駐在する核合意の署名国(英・仏・独・中・露)の大使に、核合意の履行縮小と関連する法的、技術的内容を盛り込んだ詳細な書簡を伝達したと伝えた。

ハッサン・ロウハニ大統領は同日午前、対国民演説を通じて「イランは核合意で履行する内容を縮小する予定だが、完全に撤回はしない」と述べた。地元メディアによると、核合意に基づいて中断していたウラン濃縮活動を再開することもできると報じた。

このような突然の宣言の背景には米国による対イラン制裁への不満がある。トランプ米大統領は大統領選挙候補時代から、核合意ではイランの戦略ミサイル開発プログラムを中断させないと批判してきた。昨年はついにイランとの核合意から脱退を宣言するとともに、対イラン経済制裁も踏み切った。イランの「金づる」となっている原油輸出も今月2日をもって完全禁止を実行し、イラン政府内で不満が高まっていたという。

イランの核合意一部停止で米外交の歩みも急迫している。ポンペオ国務長官は予定されたドイツ訪問をキャンセルし、急いでイラク・バグダッドに飛び、イラク大統領らと面会した。ポンペオ長官はバグダッドに向かう機内で記者団に、イランの軍事的動きが大きくなっているとの報告があったため、イラクを緊急訪問することになったと語っただけで、詳細な内容については言及しなかった。CNNは米政府の関係者の言葉として、イランが湾岸で船を利用し、ミサイルを移動させたと報道した。

ポンペオ長官はバグダッドで、「イラクが主権国家を維持できるように米国が支援する」、「特にヨルダンとサウジアラビアをはじめとする湾岸の友好国と引き続き協力していく」語った。イランの動きをけん制するようかの発言だ。米国務省の高官もポンペオ長官のイラク訪問について「米国はイラクを含めて、どこからでも退かないという警告性メッセージだ」と説明している。

米国は、空母やB-52爆撃機を含む飛行団を中東地域に派遣し、現地に移動中だと発表している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「国際原油価格は最高で150ドルまで上昇し、世界経済は米国を含め沈滞に陥り、世界経済の脱石油化が加速…
  2. 動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競…
  3. 22日午前4時25分頃、シンガポール海峡近くで韓国籍の貨物船シケイブルーベル(4万4132t)が海賊…
  4. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  5. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…

おすすめ記事

  1. ムニューシン米財務長官が仮想通貨への強力な規制の意志を示した。ムニューシン長官は18日(現地時間)、…
  2. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  3. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  4. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  5. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
ページ上部へ戻る