失恋の苦しみ、女性より男性が長く続く?

失恋の苦しみ、女性より男性が長く続く?

不本意ながら恋人と別れた際、男性の方が女性より失恋の後遺症が長く続く上に、苦しみの程度も大きいという調査結果が出た。

韓国結婚相談所のビエナレと再婚情報サイトのオンリーユーは最近、全国の未婚男女510人(男性・女性各255人)を対象に実施した「失恋の後遺症」についてのアンケート調査結果を発表した。

「熱愛中の恋人と仕方なく別れることになった場合、失恋の苦しみはどのぐらい持続しますか」という質問について、男性の29.4%が「6ヶ月」と答え最も多かった。その次は「3ヶ月」(23.9%)や「1年」(18.0%)、「1ヶ月」(16.9%)などの答えが続いた。

女性の場合、回答者の32.2%が「3ヶ月」と答え、「1年」は18.0%、「1ヶ月」は16.9%だった。

全体的に見ると、男性の過半数である54.5%が「6ヶ月以上」、女性の58.1%が「3ヶ月以下」と答えた。調査結果をもとに、別れの後遺症は「男性の方が女性より長く続く」との分析が出た。

ビエナレ側は「男性は熱愛中の相手が自分を離れた場合、プライドが傷つけられるため後遺症が長く、大きく続く」とし「一方、女性は現実的な面が強いため、相手に振られた場合、適当な理由をつけて別れを正当化する傾向があり、比較的に早く後遺症から立ち直ることができる」と説明した。

「失恋の苦しみを忘れるための最も良い方法」については、男性は「仕事に集中する」(27.8%)、女性は「相手の悪いところを思い出す」(31.4%)という答えが最も多かった。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »