激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持してきた中国の人民元の価値が米中貿易摩擦の激化で急落しているからだ。

人民銀行は14日、米ドルに対する元相場を6.8365元であると告知した。前日より0.60%も急落した数値で、元安ドル高が進んでいる。人民元は、米中貿易摩擦が激化ていた昨年11月に心理的な抵抗として意識された1ドル=7元のラインに近接していたが、中国政府の人民元の安定政策、米中貿易交渉の巡航などで安定を取り戻し、1ドル=6.7元前後で推移していた。

しかし、米中貿易交渉は事実上決裂に終わり、報復関税が飛び交わす状態。これに中国政府は、米国の関税賦課による中国の輸出企業の競争力の悪化を相殺させるため、元相場の大々的な調整を行う可能性がある。注目されるのは中国政府が人民元を1ドル=7元ラインを突破することを容認するかどうかだ。

一方、米国内では金利引き下げについて議論している。ボストン連邦準備銀行のローゼングレン総裁は「関税の影響が景気減速をもたらすとしたら、政策金利の引き下げを含めて対応措置を検討することができる」と述べた。アトランタ連邦準備銀行のボスティック総裁も最近、貿易戦争の負担による利下げの可能性を示唆した。

連邦準備制度理事会はしばらく“据え置き”を維持する立場だが、貿易摩擦の激化で米国の実体経済への衝撃が来る場合はFRBも仕方なく金利引き下げを断行しなければならないという観測が出ている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »