激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持してきた中国の人民元の価値が米中貿易摩擦の激化で急落しているからだ。

人民銀行は14日、米ドルに対する元相場を6.8365元であると告知した。前日より0.60%も急落した数値で、元安ドル高が進んでいる。人民元は、米中貿易摩擦が激化ていた昨年11月に心理的な抵抗として意識された1ドル=7元のラインに近接していたが、中国政府の人民元の安定政策、米中貿易交渉の巡航などで安定を取り戻し、1ドル=6.7元前後で推移していた。

しかし、米中貿易交渉は事実上決裂に終わり、報復関税が飛び交わす状態。これに中国政府は、米国の関税賦課による中国の輸出企業の競争力の悪化を相殺させるため、元相場の大々的な調整を行う可能性がある。注目されるのは中国政府が人民元を1ドル=7元ラインを突破することを容認するかどうかだ。

一方、米国内では金利引き下げについて議論している。ボストン連邦準備銀行のローゼングレン総裁は「関税の影響が景気減速をもたらすとしたら、政策金利の引き下げを含めて対応措置を検討することができる」と述べた。アトランタ連邦準備銀行のボスティック総裁も最近、貿易戦争の負担による利下げの可能性を示唆した。

連邦準備制度理事会はしばらく“据え置き”を維持する立場だが、貿易摩擦の激化で米国の実体経済への衝撃が来る場合はFRBも仕方なく金利引き下げを断行しなければならないという観測が出ている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »