スンリの逮捕状が棄却…「拘束する必要性がない」

18回の取り調べにも…スンリの逮捕状が棄却

元BIGBANGのスンリ(V.I)に対する逮捕状請求が棄却された。

ソウル中央地裁は14日、提起された売春斡旋容疑と買春容疑について「容疑の内容と釈明、被疑者の関与の範囲、被疑者に対する取り調べを含む捜査経過などこれまで収集された証拠資料から見れば、証拠隠滅の怖れなどによる拘束事由を認め難い」とし「現段階で被疑者の拘束する必要性を認めることはできない」と逮捕状請求を棄却した。横領容疑についても「刑事責任の有無と範囲に関する争いの余地がある」と説明した。

スンリが受けている容疑は売春斡旋、買春、横領などで、スンリはこれまで同容疑に対して18回に及ぶ取り調べを受けてきた。警察が18回も取り調べを実施した理由はクラブ「バーニングサン」暴行事件などで派生した様々な疑惑と噂が複雑に広がったから。

しかし、スンリ本人は一貫して容疑を否定してきたため、韓国のメディアなどはスンリの逮捕は難しいと予想していた。また韓国では、買春や売春斡旋などの場合、道徳的な憤りとは別に、初犯であれば逮捕まで至らないケースが多い。

スンリは棄却決定が出た同日夜、待機していた留置場から帰宅した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国の巨大IT4社の時価総額が6日(現地時間)、1兆ドルに再進入した。 同日、グーグル親企業のアル…
  2. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  3. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  4. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  5. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  2. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  3. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  4. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  5. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
ページ上部へ戻る
Translate »