スンリの逮捕状が棄却…「拘束する必要性がない」

18回の取り調べにも…スンリの逮捕状が棄却

元BIGBANGのスンリ(V.I)に対する逮捕状請求が棄却された。

ソウル中央地裁は14日、提起された売春斡旋容疑と買春容疑について「容疑の内容と釈明、被疑者の関与の範囲、被疑者に対する取り調べを含む捜査経過などこれまで収集された証拠資料から見れば、証拠隠滅の怖れなどによる拘束事由を認め難い」とし「現段階で被疑者の拘束する必要性を認めることはできない」と逮捕状請求を棄却した。横領容疑についても「刑事責任の有無と範囲に関する争いの余地がある」と説明した。

スンリが受けている容疑は売春斡旋、買春、横領などで、スンリはこれまで同容疑に対して18回に及ぶ取り調べを受けてきた。警察が18回も取り調べを実施した理由はクラブ「バーニングサン」暴行事件などで派生した様々な疑惑と噂が複雑に広がったから。

しかし、スンリ本人は一貫して容疑を否定してきたため、韓国のメディアなどはスンリの逮捕は難しいと予想していた。また韓国では、買春や売春斡旋などの場合、道徳的な憤りとは別に、初犯であれば逮捕まで至らないケースが多い。

スンリは棄却決定が出た同日夜、待機していた留置場から帰宅した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1万3000ドルまで上昇したビットコインがここ一週間の間に約26%下落し9000ドル台にとどまってい…
  2. パウエル議長がまたも利下げ示唆…「適切に行動していく」 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)…
  3. “リブラ衝撃”にBTCが急落…一部では6000ドルまで後退も予想 Facebookの独自仮想…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領は16日、北朝鮮問題について「制裁は引き続き維持されている」と、急ぐ事…
  5. 台風5号「ダナス」発生…日本への影響は? 台風5号「ダナス」がフィリピンの東海上で発生した。…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る