スンリの逮捕状が棄却…「拘束する必要性がない」

18回の取り調べにも…スンリの逮捕状が棄却

元BIGBANGのスンリ(V.I)に対する逮捕状請求が棄却された。

ソウル中央地裁は14日、提起された売春斡旋容疑と買春容疑について「容疑の内容と釈明、被疑者の関与の範囲、被疑者に対する取り調べを含む捜査経過などこれまで収集された証拠資料から見れば、証拠隠滅の怖れなどによる拘束事由を認め難い」とし「現段階で被疑者の拘束する必要性を認めることはできない」と逮捕状請求を棄却した。横領容疑についても「刑事責任の有無と範囲に関する争いの余地がある」と説明した。

スンリが受けている容疑は売春斡旋、買春、横領などで、スンリはこれまで同容疑に対して18回に及ぶ取り調べを受けてきた。警察が18回も取り調べを実施した理由はクラブ「バーニングサン」暴行事件などで派生した様々な疑惑と噂が複雑に広がったから。

しかし、スンリ本人は一貫して容疑を否定してきたため、韓国のメディアなどはスンリの逮捕は難しいと予想していた。また韓国では、買春や売春斡旋などの場合、道徳的な憤りとは別に、初犯であれば逮捕まで至らないケースが多い。

スンリは棄却決定が出た同日夜、待機していた留置場から帰宅した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  2. BTS(防弾少年団)の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは18日、ソウル・江南区にBTSのポ…
  3. グローバル・ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」を主導するフェイスブックの…
  4. 約2週後に迫った英国のEU脱退(ブレグジット)をめぐり、英国と欧州連合(EU)が劇的に新しい脱退協定…
  5. 米動画配信大手ネットフリックスが今年第3四半期に市場予想を上回る純利益を記録した。しかし新規加入者数…

おすすめ記事

  1. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
  2. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  3. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  4. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  5. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
ページ上部へ戻る