BTS、”ビートルズ”が立ったあの舞台で圧巻のパーフォマンス…「歴史的な出来事」

BTS、”ビートルズ”が立ったあの舞台で圧巻のパーフォマンス…「歴史的な出来事」

「1964年2月9日はテレビにとって歴史的な日だった。世界的なバンドのザ・ビートルズ(The Beatles)はエド・サリヴァン・ショーで初めてアメリカのファンと会った。そして50年がたった今、正確には50年とあともう5年と3ヶ月と6日後にて、ビートルズと同じステージに胸をときめかせる男たち(Heartthrobs)が上陸した。それはBTS(防弾少年団)だ」

BTSを伝説的なバンドであるザ・ビートルズに例え紹介したアメリカのトーク番組の動画が世界的に大きな話題になっている。

BTSは15日(現地時間)、アメリカで最も人気のある深夜コメディー番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア(The Late Show With Stephen Colbert)」に出演した。話題になっているのは同番組が本番開始前に放送した特別映像。

映像には、イギリスのバンド・ビートルズがアメリカに進出し、初めてアメリカのテレビ番組に出演して自分たちを知らせたニューヨーク・エド・サリバン・シアターに立ったBTSが圧巻のパフォーマンスを披露し、アメリカの視聴者に強烈な印象を残した。

「ビートルズ以来、55年3ヶ月と6日後に現れた新しい万人の恋人」と紹介されたBTSはビートルズの歴史的な初舞台を再現した。披露したのはBTSの最新ヒット曲「Boy With Luv」で、ステージ裏側のドラムに入っていたロゴもBeatlesではなくBTSになっていたが、まるでビートルズの歴史的なアメリカ初公演を連想させるようなモノクロの映像や紹介のコメントは、BTSとビートルズのファンを同時に興奮させた。

タイム紙などアメリカのメディアは一斉に「BTSがエド・サリバン・シアターでビートルズをオマージュした。歴史的な出来事だった」と大々的に報じた。

一方、BTSは18日と19日ニュージャージー州のメットライフ・スタジアムでワールド・ツアー【LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF】公演を開催する。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  2. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  3. 日本経済が米中貿易戦争の余波にも、1四半期に“サプライズ成長”した。当初「ゼロ成長」あるいは「マイナ…
  4. 三日間20%以上下落したビットコインが上昇に転じ、再び8000ドル台を回復した。…
  5. 韓国アイドルグループの影響により、いわゆる“女々しい”男性が増えていることへの反発で、中国では「男子…

おすすめ記事

  1. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  2. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  3. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  4. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…
  5. 2019-4-28

    フェイスブックは“ファーストペンギン”になれるか

    「発行はされるようです。あとは時期の問題ではないでしょうか?また、フェイスブックがブロックチェーン技…

アーカイブ

ページ上部へ戻る