BTS、”ビートルズ”が立ったあの舞台で圧巻のパーフォマンス…「歴史的な出来事」

BTS、”ビートルズ”が立ったあの舞台で圧巻のパーフォマンス…「歴史的な出来事」

「1964年2月9日はテレビにとって歴史的な日だった。世界的なバンドのザ・ビートルズ(The Beatles)はエド・サリヴァン・ショーで初めてアメリカのファンと会った。そして50年がたった今、正確には50年とあともう5年と3ヶ月と6日後にて、ビートルズと同じステージに胸をときめかせる男たち(Heartthrobs)が上陸した。それはBTS(防弾少年団)だ」

BTSを伝説的なバンドであるザ・ビートルズに例え紹介したアメリカのトーク番組の動画が世界的に大きな話題になっている。

BTSは15日(現地時間)、アメリカで最も人気のある深夜コメディー番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア(The Late Show With Stephen Colbert)」に出演した。話題になっているのは同番組が本番開始前に放送した特別映像。

映像には、イギリスのバンド・ビートルズがアメリカに進出し、初めてアメリカのテレビ番組に出演して自分たちを知らせたニューヨーク・エド・サリバン・シアターに立ったBTSが圧巻のパフォーマンスを披露し、アメリカの視聴者に強烈な印象を残した。

「ビートルズ以来、55年3ヶ月と6日後に現れた新しい万人の恋人」と紹介されたBTSはビートルズの歴史的な初舞台を再現した。披露したのはBTSの最新ヒット曲「Boy With Luv」で、ステージ裏側のドラムに入っていたロゴもBeatlesではなくBTSになっていたが、まるでビートルズの歴史的なアメリカ初公演を連想させるようなモノクロの映像や紹介のコメントは、BTSとビートルズのファンを同時に興奮させた。

タイム紙などアメリカのメディアは一斉に「BTSがエド・サリバン・シアターでビートルズをオマージュした。歴史的な出来事だった」と大々的に報じた。

一方、BTSは18日と19日ニュージャージー州のメットライフ・スタジアムでワールド・ツアー【LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF】公演を開催する。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »