1~3月期GDPがプラス成長…2四半期連続「サプライズ」にも減速の懸念も

1~3月期GDPがプラス成長…2四半期連続「サプライズ」にも減速の懸念も

日本経済が米中貿易戦争の余波にも、1四半期に“サプライズ成長”した。当初「ゼロ成長」あるいは「マイナス成長」を予想した市場の見通しを完全に覆したものだが、専門家らは今後の展望について否定的な見方を示している。

内閣府は20日、1~3月期の国内総生産(GDP)の1次速報を発表した。発表によると、1~3月期の国内総生産は前期より0.5%増えた。このような成長傾向が続くと、今年の成長率(年率換算)は2.1%になると予想される。

日本メディアは「公共投資と建設景気がサプライズ成長の立役者」と分析している。政府の公共投資が前期比1.5%も増え、全体GDP成長を牽引した。また住宅建設も1.1%増加し、3四半期連続のプラス成長を記録した。

ただし、このような成績にも今後の展望を懸念する声が多い。米中の貿易摩擦とそれによる中国の景気減速の影響で輸出が2.4%も減少したためだ。今後の輸出増減の指標とされる原材料輸入量も4.6%も下落している。

特に個人消費は前期のプラスからマイナスに転じ、0.1%減を記録した。個人消費が後退すると、今年10月に予定されている消費税率引き上げも難しくなる可能性が高い。安倍内閣としては、2008年の「リーマン級危機」が起きない限り、消費税率引き上げを断行するとの立場だが、7月に参議院選挙を控えており、延期の可能性もある。安倍内閣はこれまで消費税率引き上げを2回も延期していた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »