1~3月期GDPがプラス成長…2四半期連続「サプライズ」にも減速の懸念も

1~3月期GDPがプラス成長…2四半期連続「サプライズ」にも減速の懸念も

日本経済が米中貿易戦争の余波にも、1四半期に“サプライズ成長”した。当初「ゼロ成長」あるいは「マイナス成長」を予想した市場の見通しを完全に覆したものだが、専門家らは今後の展望について否定的な見方を示している。

内閣府は20日、1~3月期の国内総生産(GDP)の1次速報を発表した。発表によると、1~3月期の国内総生産は前期より0.5%増えた。このような成長傾向が続くと、今年の成長率(年率換算)は2.1%になると予想される。

日本メディアは「公共投資と建設景気がサプライズ成長の立役者」と分析している。政府の公共投資が前期比1.5%も増え、全体GDP成長を牽引した。また住宅建設も1.1%増加し、3四半期連続のプラス成長を記録した。

ただし、このような成績にも今後の展望を懸念する声が多い。米中の貿易摩擦とそれによる中国の景気減速の影響で輸出が2.4%も減少したためだ。今後の輸出増減の指標とされる原材料輸入量も4.6%も下落している。

特に個人消費は前期のプラスからマイナスに転じ、0.1%減を記録した。個人消費が後退すると、今年10月に予定されている消費税率引き上げも難しくなる可能性が高い。安倍内閣としては、2008年の「リーマン級危機」が起きない限り、消費税率引き上げを断行するとの立場だが、7月に参議院選挙を控えており、延期の可能性もある。安倍内閣はこれまで消費税率引き上げを2回も延期していた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »