トランプ大統領、イランに最終警告

トランプ大統領、イランに最終警告

米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。

この日の警告は、イラクのバグダッドにある米国大使館付近にロケット弾が着弾した事に対するもの。現在までこの攻撃の背後関係は確認されていないものの、イランの支援を受けたイスラム教シーア派の勢力拠点、バグダッド東部から発射されたとみられている。

ブルームバーグ通信は、この日のトランプ大統領の警告は、2017年8月に北朝鮮に向け「米国をこれ以上脅迫するなら、世界がかつて見た事の無い炎と憤怒に直面する事になるだろう」と、北朝鮮の相次ぐ核ミサイル実験に言及したのと同様の激しい言葉だと報じた。

AP通信などの海外メディアによると、トランプ大統領はツイッターを通じて、「イランが戦いを望むのならば、イランは正式に終わるだろう」と、「絶対に再び米国を脅迫するな」と警告した。

トランプ大統領はこの日、バグダッドにある米国大使館付近にロケット弾が着弾すると、イランに対し強い警告のメッセージを伝えた。AP通信は「数日前までイランとの戦争を望んではいないと、”トーンダウン”していたトランプ大統領が、イランが戦いを望むのならば破壊すると、イランを脅迫した」と伝えた。CNNも「トランプ大統領のツイートは、両国間の軍事的対峙の可能性に対する憂慮が高まる中で起きた事」だと、「ワシントンの官僚らは、イランとイランが支援する民兵隊が米国の資産を攻撃する計画なのか、そうでなければ米国の措置に防御的な態勢なのかについて、論争を繰り広げている」と報じた。

この直後、トランプ大統領はFOXニュースとのインタビューで警告のレベルを下げ、「私はただ、イランが核兵器を持つ事を望んでいない。現在のイランの様な状況で、核兵器を保有する事を放ってはおけない」と、米国政府のイラン核開発抑制政策を再確認した。また「ご存知の通り、私は戦争をしたい人間ではない」と、「戦争は経済を悪化させ、何より人を殺すからだ」と話した。

FOXニュースは、トランプ大統領が2016年の大統領選挙期間中、他の候補者らと差別化した政策として軍事的介入に反対する立場を維持していたものの、イランによる核開発は「緊急的な例外」が適用される事を示唆したものだと報じた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国産の発酵紅参を輸入・販売するヒストリーメーカージャパンが、日本有数の旅行社エイチ・アイ・エス(…
  2. フィナンシャルニュースジャパンが運営するインターネットニュースサイト「fnnews.jp」が、関西…
  3. 京都サンガFC監督を務めている曺貴裁氏が来年1月11日、京都国際中学高等学校で講演会を行う。 1.…
  4. 駐大阪韓国文化院は12月4日(土)、福岡国際会議場で第12回「話してみよう韓国語」福岡大会を開催し…
  5. 駐大阪韓国文化院とコリアNGOセンターは、韓日交流の痕跡を辿るオンライン散策<大阪コリアタウ…
ページ上部へ戻る
Translate »