トランプ大統領、イランに最終警告

トランプ大統領、イランに最終警告

米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。

この日の警告は、イラクのバグダッドにある米国大使館付近にロケット弾が着弾した事に対するもの。現在までこの攻撃の背後関係は確認されていないものの、イランの支援を受けたイスラム教シーア派の勢力拠点、バグダッド東部から発射されたとみられている。

ブルームバーグ通信は、この日のトランプ大統領の警告は、2017年8月に北朝鮮に向け「米国をこれ以上脅迫するなら、世界がかつて見た事の無い炎と憤怒に直面する事になるだろう」と、北朝鮮の相次ぐ核ミサイル実験に言及したのと同様の激しい言葉だと報じた。

AP通信などの海外メディアによると、トランプ大統領はツイッターを通じて、「イランが戦いを望むのならば、イランは正式に終わるだろう」と、「絶対に再び米国を脅迫するな」と警告した。

トランプ大統領はこの日、バグダッドにある米国大使館付近にロケット弾が着弾すると、イランに対し強い警告のメッセージを伝えた。AP通信は「数日前までイランとの戦争を望んではいないと、”トーンダウン”していたトランプ大統領が、イランが戦いを望むのならば破壊すると、イランを脅迫した」と伝えた。CNNも「トランプ大統領のツイートは、両国間の軍事的対峙の可能性に対する憂慮が高まる中で起きた事」だと、「ワシントンの官僚らは、イランとイランが支援する民兵隊が米国の資産を攻撃する計画なのか、そうでなければ米国の措置に防御的な態勢なのかについて、論争を繰り広げている」と報じた。

この直後、トランプ大統領はFOXニュースとのインタビューで警告のレベルを下げ、「私はただ、イランが核兵器を持つ事を望んでいない。現在のイランの様な状況で、核兵器を保有する事を放ってはおけない」と、米国政府のイラン核開発抑制政策を再確認した。また「ご存知の通り、私は戦争をしたい人間ではない」と、「戦争は経済を悪化させ、何より人を殺すからだ」と話した。

FOXニュースは、トランプ大統領が2016年の大統領選挙期間中、他の候補者らと差別化した政策として軍事的介入に反対する立場を維持していたものの、イランによる核開発は「緊急的な例外」が適用される事を示唆したものだと報じた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る