米人気女優、突然の中絶告白…中絶禁止法めぐって激しい議論

写真はミラ・ジョボビッチのインスタグラムから

米人気女優、突然の中絶告白…中絶禁止法めぐって激しい議論

アメリカ一部の州で可決した中絶禁止法によりアメリカ国内でその賛否を巡って激しい論争が展開しているなか、ハリウッドスターたちも参戦し始め注目を集めている。

中絶禁止法をめぐる激論は、14日(現地時間)に米・アラバマ州で性的暴行と近親相姦を含めてどんな場合でも人工中絶を全面的に禁止する法案が上院で可決されたことをきっかけに本格的に始まった。アラバマ州以外にも全米でケンタッキー州、オハイオ州、ジョージア州などの6州も妊娠6週以降の中絶を禁ずる法案を成立した。

特に注目を集めるのは、この法案に反発したハリウッドスターたちの中絶経験告白が相次いでいることだ。

ミラ・ジョボビッチさんは最近自分のインスタグラムに「私も2年前に緊急中絶手術をした」とし「それは私が経験した最も恐ろしいことだった。今も悪夢を見る。当時、私は一人で頼るところもなかった」と中絶経験を明かした。

ジョボビッチさんによると、妊娠4ヶ月半の体で東欧で撮影をしていた際に早期陣痛が来た。緊急を要する状況だったため、麻酔もぜず、手術を受けたという。

ジョボビッチさんは「どんな女性も中絶をしたくない。しかし、私たちは必要なときに安全に中絶ができる権利を守るためには戦わなければならない」とし「私の経験を語りたくなかったが、あまりにも多くのことが危険に晒されている。黙ってはいられない」とつづった。

アメリカのドラマ「グッド・プレイス」に出演したイギリス出身の女優ジャミーラ・ジャミルさんもツイッターを通じて「若い頃、中絶を経験した」と告白した。

ジャミルさんは「それは、今まで私がした決定の中で最もよくやったもの」とし「私自身にも、準備されていない私の赤ちゃんにもそうだ」と話した。

世界的なアーティストのレディー・ガガさんは「アラバマ州の中絶禁止は残酷し過ぎ」とし「ほとんどの強姦犯よりも中絶手術を執刀した医師が、より厳しい処罰を受けるということか」と怒りを露わにした。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »