米人気女優、突然の中絶告白…中絶禁止法めぐって激しい議論

写真はミラ・ジョボビッチのインスタグラムから

米人気女優、突然の中絶告白…中絶禁止法めぐって激しい議論

アメリカ一部の州で可決した中絶禁止法によりアメリカ国内でその賛否を巡って激しい論争が展開しているなか、ハリウッドスターたちも参戦し始め注目を集めている。

中絶禁止法をめぐる激論は、14日(現地時間)に米・アラバマ州で性的暴行と近親相姦を含めてどんな場合でも人工中絶を全面的に禁止する法案が上院で可決されたことをきっかけに本格的に始まった。アラバマ州以外にも全米でケンタッキー州、オハイオ州、ジョージア州などの6州も妊娠6週以降の中絶を禁ずる法案を成立した。

特に注目を集めるのは、この法案に反発したハリウッドスターたちの中絶経験告白が相次いでいることだ。

ミラ・ジョボビッチさんは最近自分のインスタグラムに「私も2年前に緊急中絶手術をした」とし「それは私が経験した最も恐ろしいことだった。今も悪夢を見る。当時、私は一人で頼るところもなかった」と中絶経験を明かした。

ジョボビッチさんによると、妊娠4ヶ月半の体で東欧で撮影をしていた際に早期陣痛が来た。緊急を要する状況だったため、麻酔もぜず、手術を受けたという。

ジョボビッチさんは「どんな女性も中絶をしたくない。しかし、私たちは必要なときに安全に中絶ができる権利を守るためには戦わなければならない」とし「私の経験を語りたくなかったが、あまりにも多くのことが危険に晒されている。黙ってはいられない」とつづった。

アメリカのドラマ「グッド・プレイス」に出演したイギリス出身の女優ジャミーラ・ジャミルさんもツイッターを通じて「若い頃、中絶を経験した」と告白した。

ジャミルさんは「それは、今まで私がした決定の中で最もよくやったもの」とし「私自身にも、準備されていない私の赤ちゃんにもそうだ」と話した。

世界的なアーティストのレディー・ガガさんは「アラバマ州の中絶禁止は残酷し過ぎ」とし「ほとんどの強姦犯よりも中絶手術を執刀した医師が、より厳しい処罰を受けるということか」と怒りを露わにした。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »