OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイント下方修正した。OECDは3月にも韓国の経済成長率見通しを下方修正したことがあり、約2か月ぶりに再び下方修正したことになる。米中貿易紛争に触発された保護貿易基調などで全世界の貿易量が大幅に鈍化しており、それによるマイナス影響が予想されるというのを下方修正の理由として挙げている。

OECDは21日に発表した「世界経済見通し」で、韓国の今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを2.4%に提示した。これは今年3月に発表した見通し(2.6%)より0.2%ポイント下げた数値で、韓国政府が目標にしている今年の成長率見通し(2.6〜2.7%)よりも下回るようになった。OECDは来年度の韓国GDP成長率見通しも2.6%から2.5%に引き下げた。

OECDは、世界貿易鈍化などによる輸出の減少と、製造業の構造調整に起因する投資・雇用の萎縮が成長率を鈍化させると分析した。特に半導体景気が昨年から徐々に鈍化しており、輸出に否定的な影響を与えると予想した。

ただしOECDは、2020年からは韓国政府の拡張的財政政策の効果と投資の回復に支えられ、今年より成長がやや回復傾向を見せると予想した。

今年の世界経済成長率見通しは3.2%と発表した。昨年11月に3.5%から今年の3月に3.3%に引き下げたのに続き、再び0.1%ポイントを下げたものとなる。特に今年の世界貿易の伸び率を2.1%に予想した。昨年(3.9%)より大幅に後退した数値で、保護貿易基調の深刻化、英国の欧州連合脱退、中国の景気鈍化など、下方リスクが大きくなったと判断している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  2. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  3. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  4. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  5. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »