OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

OECD、韓国経済成長見通しまた下方修正 2.6%→2.4%

経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.6%から2.4%に0.2%ポイント下方修正した。OECDは3月にも韓国の経済成長率見通しを下方修正したことがあり、約2か月ぶりに再び下方修正したことになる。米中貿易紛争に触発された保護貿易基調などで全世界の貿易量が大幅に鈍化しており、それによるマイナス影響が予想されるというのを下方修正の理由として挙げている。

OECDは21日に発表した「世界経済見通し」で、韓国の今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを2.4%に提示した。これは今年3月に発表した見通し(2.6%)より0.2%ポイント下げた数値で、韓国政府が目標にしている今年の成長率見通し(2.6〜2.7%)よりも下回るようになった。OECDは来年度の韓国GDP成長率見通しも2.6%から2.5%に引き下げた。

OECDは、世界貿易鈍化などによる輸出の減少と、製造業の構造調整に起因する投資・雇用の萎縮が成長率を鈍化させると分析した。特に半導体景気が昨年から徐々に鈍化しており、輸出に否定的な影響を与えると予想した。

ただしOECDは、2020年からは韓国政府の拡張的財政政策の効果と投資の回復に支えられ、今年より成長がやや回復傾向を見せると予想した。

今年の世界経済成長率見通しは3.2%と発表した。昨年11月に3.5%から今年の3月に3.3%に引き下げたのに続き、再び0.1%ポイントを下げたものとなる。特に今年の世界貿易の伸び率を2.1%に予想した。昨年(3.9%)より大幅に後退した数値で、保護貿易基調の深刻化、英国の欧州連合脱退、中国の景気鈍化など、下方リスクが大きくなったと判断している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る