米議会調査局「対北朝鮮問題で米韓が大きな違い」

米議会調査局「対北朝鮮問題で米韓が大きな違い」

米国議会調査局は、韓国と米国が対北朝鮮政策と関連し大きい差を見せていると指摘した。

米議会調査局は20日に発表した報告書で、「北朝鮮の問題と関連して密接に連携していた韓国と米国は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ政権下でその一貫性がなくなり、予測不可能な状況になっている」と伝えた。

報告書には、非核化交渉で北朝鮮に譲歩する問題でどのような条件で譲歩をするかについて、米韓は異なる立場を示したり、米韓同盟と関連する費用分担問題についても意見の違いがあったとの内容が記されている。

また今年2月に開催されたものの決裂で終わった2回目の米朝首脳会談は、北朝鮮との連帯を強化して関係改善を狙っていた文大統領に大きな打撃を与えたと説明している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  2. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  3. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  4. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  5. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »