米セントルイス連銀総裁、「仮想通貨は価値の不安定さが最大の問題」

米セントルイス連銀総裁、「仮想通貨は価値の不安定さが最大の問題」

仮想通貨がより広く認められるには価値の不安定さが最大のネックだと、米国セントルイスの連邦準備銀行総裁が14日(現地時間)主張した。

この日、ニューヨークで開催されたブロックチェーンウィークのコンセンサスカンファレンスに弁士として立ったジェームズ・ブラード総裁は米国経済チャンネルCNBCのインタビューで、「価値の急変動によって投機筋が大手を振る中で、個人や企業が市場を離れてしまいそうだ」と強調した。

仮想通貨の価格は好悪材料に一喜一憂しながら、連日ジェットコースターのような状態だ。昨年末に20000ドルに肉薄していたビットコインは僅か6ヶ月で半値となった。コインデスクによると、午後7時55分時点で24時間前より0.07%下げた8682.14ドルで取り引きされている。

ブラード総裁はまた「主要国通貨が殆ど経験していない状況を仮想通貨のみが経験している。ベネズエラやジンバブエなど一部の国家のみが、通貨発行量の統制失敗により発生したハイパーインフレで同じ様な状況に置かれた」と付け加えた。

ブラード総裁は続けて「ビットコインは発行量が制限されているものの、投資家らに安定した価値が維持されるのだという確信を与えない」と指摘した。

また、「通貨発行の元が誰で、未来の通貨発行についてどのような約束をし、その約束の信頼性を維持出来るかが重要だが、もしそれが出来ない場合は、該当通貨の価値はベネズエラやボリビアのようにゼロ(0)に向かう可能性が高い」とし、「現在は連邦準備制度が独自の仮想通貨を導入する可能性は低い。仮想通貨がドルを脅かす事はないだろう」と語った。また同氏は、「中央銀行のレベルで仮想通貨の動きを綿密に注視している」と話した。

ブラード総裁は「仮想通貨は単一通貨がなく、種類が様々だ。これらが交易通貨の大部分を占めると、経済に深刻な問題となるだろう」とし、「代金を支払う通貨が100種類もあると考えてみて欲しい。歴史的に人類は単一通貨を求めて来た。仮想通貨がドルに取って代わることはない」と付け加えた。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »