米セントルイス連銀総裁、「仮想通貨は価値の不安定さが最大の問題」

米セントルイス連銀総裁、「仮想通貨は価値の不安定さが最大の問題」

仮想通貨がより広く認められるには価値の不安定さが最大のネックだと、米国セントルイスの連邦準備銀行総裁が14日(現地時間)主張した。

この日、ニューヨークで開催されたブロックチェーンウィークのコンセンサスカンファレンスに弁士として立ったジェームズ・ブラード総裁は米国経済チャンネルCNBCのインタビューで、「価値の急変動によって投機筋が大手を振る中で、個人や企業が市場を離れてしまいそうだ」と強調した。

仮想通貨の価格は好悪材料に一喜一憂しながら、連日ジェットコースターのような状態だ。昨年末に20000ドルに肉薄していたビットコインは僅か6ヶ月で半値となった。コインデスクによると、午後7時55分時点で24時間前より0.07%下げた8682.14ドルで取り引きされている。

ブラード総裁はまた「主要国通貨が殆ど経験していない状況を仮想通貨のみが経験している。ベネズエラやジンバブエなど一部の国家のみが、通貨発行量の統制失敗により発生したハイパーインフレで同じ様な状況に置かれた」と付け加えた。

ブラード総裁は続けて「ビットコインは発行量が制限されているものの、投資家らに安定した価値が維持されるのだという確信を与えない」と指摘した。

また、「通貨発行の元が誰で、未来の通貨発行についてどのような約束をし、その約束の信頼性を維持出来るかが重要だが、もしそれが出来ない場合は、該当通貨の価値はベネズエラやボリビアのようにゼロ(0)に向かう可能性が高い」とし、「現在は連邦準備制度が独自の仮想通貨を導入する可能性は低い。仮想通貨がドルを脅かす事はないだろう」と語った。また同氏は、「中央銀行のレベルで仮想通貨の動きを綿密に注視している」と話した。

ブラード総裁は「仮想通貨は単一通貨がなく、種類が様々だ。これらが交易通貨の大部分を占めると、経済に深刻な問題となるだろう」とし、「代金を支払う通貨が100種類もあると考えてみて欲しい。歴史的に人類は単一通貨を求めて来た。仮想通貨がドルに取って代わることはない」と付け加えた。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る