金与正氏、公の場に登場…53日ぶり

金与正氏、公の場に登場…53日ぶり

“謹慎説”が浮上していた北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が53日ぶりに公の場に登場した。

朝鮮中央通信は4日、金正恩朝鮮労働党委員長と共に、正恩氏の妹の与正氏らが平壌の5・競技場で行われた芸術公演「人民の国」の開幕式を観覧したと報じた。与正氏が公式席上に登場したのはベトナム・ハノイで開催された2回目の米朝首脳会談以来初めて。

朝鮮中央通信が公開した写真では、与正氏が金委員長と李雪主(イ・ソルジュ)夫人のすぐ右側に位置している。与正氏の隣席には李洙墉(リ・スヨン)党副委員長が座った。韓国メディアからは、座席上で金委員長との距離が李党副委員長より近いことから、与正氏の序列が李党副委員長より高くなったとの分析も出している。

これに先立って、韓国紙の朝鮮日報は与正氏と金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が2回目の米朝首脳会談が失敗に終わった責任を問われ、“謹慎”を受けていると報じた。

しかし、久しぶりに姿を現した与正氏と同様に、金党副委員長も51日ぶりに公の場に登場。“健在”が確認された。

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る