サムスン電子やSKハイニックスが板挟みに…米中「味方になれ」と圧力

サムスン電子やSKハイニックスが板挟みに…米中「味方になれ」と圧力

‐どちらにもつけない状況
‐ファーウェイ制裁による利益も一時的
‐事態長期化すれば経営に深刻な打撃

米中間の覇権争いが、周辺国に対する露骨な組分けの様相を呈しつつある。米中の葛藤は最近、「ひとつの中国」の原則が揺さぶられた事で、2国間の貿易紛争を越えた国際陣営による外交戦へと移った状況だ。

米国は自国利益の優先順位を前面に打ち立て、同盟国に対しても無差別的な関税報復で迫り、中国に対して共に圧力を掛ける事を露骨に要求している。自由市場の守護者を自負すると同時に、内政干渉は断固として拒否するという立場の中国も、周辺国に脅迫に近いメッセージを発信し、自己矛盾する外交戦へと打って出ている。両大国による覇権争いに韓国企業が巻き込まれ、厳しい状況に追い込まれたとの指摘もみられる。

■技術覇権、グローバル陣営の争いに
特に未来産業を握るための米中間の「技術冷戦」は、覇権構図の核心へと浮上した。中国が今月3〜4日に、米国企業のマイクロソフト、デルと、韓国企業のサムスン、SKハイニックス、更に英国の半導体設計企業アーム(ARM)を召喚し、トランプ政権による対中圧力に従わない様に求めた事は、技術冷戦の深刻さを象徴している。これは2国間の技術覇権の争いを越えた、グローバル陣営の争いの論理へと移る契機になると考えられる。

米中による組分けは、以前から露骨に表面化していた。中国外交部の関係者は今月2日、北京を訪問した韓国の記者らと面会し、米中貿易紛争に関して「韓国政府が正しい判断をしなければならない」と話した。事実上、韓国に対して「味方になれ」とのメッセージを送った事になる。また、ハリー・ハリス駐韓米国大使は今月5日、韓国の通信企業に対して「信頼出来ない供給者を選択すれば、長期的に非常に大きなリスクに直面する」と、圧力を掛けた。

今月1日に公開された米国防省の「インド・太平洋戦略報告書」に台湾が「国家」と表記された事で、「ひとつの中国」の原則が揺さぶられた事も、重大事件として考えられる。中国の外交原則の絶対基準が揺さぶられた事で、2国間の貿易紛争は絶対的覇権争いの構図へと進んだ。この事を契機に、両国による同盟国管理と周辺国に対する圧力が、より一層露骨になっているとの分析もみられる。

中国当局が外国系企業を呼び集めて警告した事は、始まりに過ぎなかった。中国が国家の安全保障を脅かす状況に対応するため、「国家技術安全管理リスト」を作成する予定だと、今月8日に官営新華社通信が報じた。今回の措置は、中国も米国と同様に、国家の安全保障の危機を理由に中国の通信機器メーカー「ファーウェイ」に制裁を加えた米国に対し、報復措置を取るための布石だと考えられる。

これに先だって中国政府は先月31日、自国企業の正当な権益を侵害する外国企業などに対し、事実上の「ブラックリスト」に該当する「信頼出来ないリスト」を作成した。具体的なリストは追って発表されるとみられる。

■板挟みの韓国企業
米中間の全面戦争の中、サムスン電子やSKハイニックスなどの韓国企業は完全に板挟みとなっている。韓国のIT企業は、輸出中心の事業構造となっている。世界の貿易秩序を主導する米国の要請を無視する事は出来ず、中国もグローバル事業から除外する事は考えられない最も重要な市場だ。

今年第1四半期のサムスン電子とSKハイニックスの中国売上比重は、それぞれ25%(8兆3340億ウォン)、47%(3兆1600億ウォン)に達する。その中でもファーウェイは、最も大きな中国取引企業の内のひとつだ。サムスン電子とSKハイニックスの昨年のファーウェイ関連売上高は、5兆〜8兆ウォンになるとの分析もみられる。

中国政府が報復の意思を覗かせただけに、米国による取引制裁に参加すれば、「第2のTHAAD報復」に直面する可能性もある。また制裁への参加を拒否したとしても、鉄鋼への関税賦課などの方法で、米国が韓国企業に圧力を加える可能性もある。

韓国IT企業は事態の推移を鋭意注視しているものの、今後の展望は極めて不確実な状態だ。従前に立てていた事業計画が無意味になったと、苦しい心内を吐露する企業もみられる。ファーウェイへの取引制裁問題で、当初、一時的な好影響などが言及される事もあったが、長期化すればするほど、韓国企業は深刻な打撃を被る可能性がある。スマートフォン販売増加による一部の恩恵は微々たる物で、むしろ電子部品業界は、中国の需要減少により業績にネガティブな影響を受ける事になる。

更に中国の報復措置が本格化すれば、対中輸出全体にネガティブな影響を及ぼす可能性もある。これにより、韓国政府が表に立たなければならないとの主張も起こっている。

業界関係者は、「韓国企業は米国と中国の間で、どちらの側を選択するのか難しい立場に置かれている」と、「事態が長期化すれば、企業の被害は火を見るよりも明らかな状況だけに、政府レベルでの支援も必要だ」と話した。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. トランプ大統領の訪韓が確定されたことで、両首脳が南北の非武装地帯(DMZ)を視察する可能性も浮上して…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領からの親書を受け取ったと、北朝鮮の官営メディ…
  3. ポンペオ氏「北朝鮮と交渉再開する準備できている」 米国は北朝鮮との交渉に臨む準備ができている…
  4. ビットコインが先週末の22日、1年ぶりに再び1万ドルを突破した。コインマーケットキャップによると、ビ…
  5. トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…

おすすめ記事

  1. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  2. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  3. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  4. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…
  5. 2019-6-12

    日朝が平壌で「水面下の調整」…7月平壌で首脳会談か?

    安倍晋三総理の平壌訪問に向け、日本政府の次官級官僚が最近、北朝鮮を訪問した事が分かった。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る