脱北女性に成人向けチャット強要…1日4時間の睡眠時間

脱北女性に成人向けチャット強要…1日4時間の睡眠時間

中国で成人向けチャットを運営している犯罪組織に囚われていた北朝鮮出身の女性らが脱出し、置かれていた環境について語った内容が公開された。

米CNNは10日、脱北ブローカーに騙されて中国吉林省延吉で数年間、成人向けチャットをしていたという、リ・ユミさん(仮名)とクァン・ハユンさん(仮名)が、昨年10月に韓国人協力者の助けを得て、第3国駐在の韓国大使館に逃げ込んだと報じた。

同メディアによると、朝鮮労働党下級幹部の娘だったリさんは、5年前に脱北ブローカーを知り、別の女性7人と共に中朝国境を流れる豆満江(トゥマンガン)を渡った。

ブローカーは「食堂の仕事を探してあげる」と約束していたが、リさんは3000人民元(約5万円)で、成人向けチャット運営組織に売り飛ばされた。

リさんは、自身と同じ境遇のクァンさんと共に町外れのアパートに監禁され、成人向けチャットを強要されていた。

リさんは当時、「韓国出身」とされる男性の監視のもとで、6ヶ月に1度だけ近隣の公園に出掛ける事が出来たと報じられている。2015年にはアパートの配水管をつたって脱出を試みたものの落下してしまい、足と腰を負傷する事もあったという。

リさんと同じ部屋を使用していたクァンさんは、祖母と母のガン治療費を稼ごうと7年前、17才という年令で中国に渡って来た。しかし、クァンさんは1日僅か4時間の睡眠時間で成人向けチャットをし続けなければならず、稼いだお金も全て組織に巻き上げられていた。

彼女らによれば、成人向けチャットの主な顧客は韓国の男性だったという。

リさんは、「ただ会話だけをしようという人もいましたが、大半は何らかのポーズを要求したり、服を脱いで自分の身体を触る、またはそれ以上の事を求めました」と、「何度も死にたい気持ちになりましたが、監視されているので自殺すら出来ませんでした」と話した。

リさんらは昨年夏、サイトに接続したある男性が、彼女らが監禁されている事実を知り、助けてあげると提案した事で脱出するチャンスを得た。

この男性は、リさんに脱北者支援団体「ドゥリハナ」の代表者チョン・ギウォン牧師の連絡先を教えた。以後、リさんらはチョン牧師らの助けを得て無事に延吉を脱出し、第3国に向かう事が出来た。

翻訳︰水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »