注目のフェイスブック・コイン、「最大のライバルはビットコインではなく銀行」

注目のフェイスブック・コイン、「最大のライバルはビットコインではなく銀行」

■ポンプリアーノ氏、「フェイスブックの仮想通貨市場進出…最大のライバルは銀行」
米仮想通貨投資会社モルガン・クリーク・デジタル・アセッツの創業者、アンソニー・ポンプリアーノ氏は最近、「フェイスブックのグローバルコインの最大のライバルは、ビットコインではなく、銀行だ」と述べた。AMBクリプトが12日(現地時間)に報じた。

同氏は「国際送金と支払いを簡単かつ迅速に行うことができるという点。開放的で、様々なコンテンツ、サービスと一緒に活用するという点が他の仮想通貨と異なる特徴だ」とし「銀行は、経験豊富な技術企業を恐れなければならない」と語った。

最近の仮想通貨市場については、「完全に強気相場に転換した」とし、「今後2〜3年間は上昇の流れが続くだろう」と予想した。

■コインベース、欧州6カ国で仮想通貨のデビットカード発売
米仮想通貨取引所コインベースが英国に続き、欧州6カ国で仮想通貨のデビットカードを発売した。海外メディアによると、コインベースはビザカードと提携し、仮想通貨で決済が可能なデビットカード「コインベースカード」を、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、アイルランド、オランダで発売した。

「コインベースカード」はビットコイン、イーサリアム、リップルなど11種類の仮想通貨で決済が可能で、オンラインやオフライン、ATMまで対応できる。

■マカフィー氏、仮想通貨取引プラットフォーム「Mcafee Magic」発表
世界的なITセキュリティ企業マカフィーの創設者で有名な仮想通貨支持者であるジョン・マカフィー氏が、仮想通貨取引プラットフォーム「マカフィー・マジック(Mcafee Magic)」の発売を発表した。

同氏の説明によると、「マカフィー・マジック」は100件の取引を同時に処理することができる大規模な高速取引プラットフォームで、8つの仮想通貨取引所と500以上の仮想通貨コインを支援する。

マカフィー氏はツイッターに「マカフィーのブランドにふさわしいソフトウェア」とし「世界取引所を介して合法的に仮想通貨を取引できるプラットフォームとして位置づけされると期待する」と自信を見せた。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アイスランドで「700歳氷河」の追悼式…理由は「地球温暖化」 気候変動により溶け出したアイス…
  2. 北朝鮮が食肉供給のためにウサギ飼育に心血を注いでいる。金正恩北朝鮮国務委員長もウサギの肉をさらに多く…
  3. 米財務省、50年債の発行検討 米国政府が急速に増える債務に対応するため、50〜100年にも及…
  4. 中国、米国産大豆と豚肉を大量購入へ 米中貿易紛争の実務交渉が開かれる予定の中で、中国の米国産…
  5. トランプ大統領「今年中に金正恩氏と再び会うだろう」…非核化交渉再開の意思 米国のドナルド・ト…

おすすめ記事

  1. LINE、日本で仮想通貨取引所オープン…クリプト金融市場開拓へ -BTC・ETH・XRP・B…
  2. [ワールドリポート] 炎に包まれる地球 北極やシベリア、インドネシア、ついにはアマゾンまで。…
  3. 写真は香港の行政トップ林鄭月娥行政長官/香港政府公式ホームページから 「逃亡犯条例」撤回引き…
  4. 韓国の文在寅大統領は30日、「金正恩北朝鮮国務委員長の韓−ASEAN特別首脳会議への参加可能性」につ…
  5. 北朝鮮メディアは最近、新型ミサイル発射実験を視察する金正恩国務委員長の姿を公開し注目を集めた。特に金…
ページ上部へ戻る