注目のフェイスブック・コイン、「最大のライバルはビットコインではなく銀行」

注目のフェイスブック・コイン、「最大のライバルはビットコインではなく銀行」

■ポンプリアーノ氏、「フェイスブックの仮想通貨市場進出…最大のライバルは銀行」
米仮想通貨投資会社モルガン・クリーク・デジタル・アセッツの創業者、アンソニー・ポンプリアーノ氏は最近、「フェイスブックのグローバルコインの最大のライバルは、ビットコインではなく、銀行だ」と述べた。AMBクリプトが12日(現地時間)に報じた。

同氏は「国際送金と支払いを簡単かつ迅速に行うことができるという点。開放的で、様々なコンテンツ、サービスと一緒に活用するという点が他の仮想通貨と異なる特徴だ」とし「銀行は、経験豊富な技術企業を恐れなければならない」と語った。

最近の仮想通貨市場については、「完全に強気相場に転換した」とし、「今後2〜3年間は上昇の流れが続くだろう」と予想した。

■コインベース、欧州6カ国で仮想通貨のデビットカード発売
米仮想通貨取引所コインベースが英国に続き、欧州6カ国で仮想通貨のデビットカードを発売した。海外メディアによると、コインベースはビザカードと提携し、仮想通貨で決済が可能なデビットカード「コインベースカード」を、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、アイルランド、オランダで発売した。

「コインベースカード」はビットコイン、イーサリアム、リップルなど11種類の仮想通貨で決済が可能で、オンラインやオフライン、ATMまで対応できる。

■マカフィー氏、仮想通貨取引プラットフォーム「Mcafee Magic」発表
世界的なITセキュリティ企業マカフィーの創設者で有名な仮想通貨支持者であるジョン・マカフィー氏が、仮想通貨取引プラットフォーム「マカフィー・マジック(Mcafee Magic)」の発売を発表した。

同氏の説明によると、「マカフィー・マジック」は100件の取引を同時に処理することができる大規模な高速取引プラットフォームで、8つの仮想通貨取引所と500以上の仮想通貨コインを支援する。

マカフィー氏はツイッターに「マカフィーのブランドにふさわしいソフトウェア」とし「世界取引所を介して合法的に仮想通貨を取引できるプラットフォームとして位置づけされると期待する」と自信を見せた。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »