“幹細胞栄養剤”の「ラミナイン(Laminine)」が日本でも販売開始?… ライフファーム社が日本進出発表

“幹細胞栄養剤”「ラミナイン(Laminine)」を世界各国で販売日本からも販売している
ライフファームインコーポレイテッド社が日本進出を発表した

米国カリフォルニア州サンタナに本社を置いて世界的に健康食品と化粧品を販売しているグローバール企業「ライフファーム・インコーポレイテッド」(以下ライフファーム社)が日本にも進出し、日本支社を開設することが明らかになった。

来る6月29日(土)には東京の京王プラザホテルからアメリカ本社のウィッキースヤント会長を始め、役員、日本支社代表(アキラ・ジョン)など100人くらい参席して日本支社設立記念式を行う予定だ。

豊富な資産と無借金経営でビジネス領域を拡大している同社は現在、米国を始め、カナダ、欧州、韓国、フィリピン、マレーシア、インドネシアなど世界約40ヶ国に進出している。特にライフファーム社の代表的製品である“幹細胞栄養剤”「ラミナイン(Laminine)」は、受精卵から10万種類以上の活性ペプチドを抜き出した特殊な“幹細胞栄養剤”として、全世界的に高い人気を得ている。同社は日本市場でも“幹細胞栄養剤”「ラミナイン」を主軸に、販売を拡大していく計画だ。

“幹細胞栄養剤”「ラミナイン」の最大の特徴は、細胞を活性化させて細胞の自然免疫と自然治癒力を高めること。安全性もすでに認められ、米国食品医薬品局(FDA)からGRAS(Generally Recognized as Safe)認証を受けている。

ライフファーム社の関係者は“幹細胞栄養剤”「ラミナイン」は100%天然の製品で、妊婦やお年寄り、ベビーなどの全年齢層が安全に使用することができ、日本でも消費者の支持を得ると期待している」と自信を示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る