“幹細胞栄養剤”の「ラミナイン(Laminine)」が日本でも販売開始?… ライフファーム社が日本進出発表

“幹細胞栄養剤”「ラミナイン(Laminine)」を世界各国で販売日本からも販売している
ライフファームインコーポレイテッド社が日本進出を発表した

米国カリフォルニア州サンタナに本社を置いて世界的に健康食品と化粧品を販売しているグローバール企業「ライフファーム・インコーポレイテッド」(以下ライフファーム社)が日本にも進出し、日本支社を開設することが明らかになった。

来る6月29日(土)には東京の京王プラザホテルからアメリカ本社のウィッキースヤント会長を始め、役員、日本支社代表(アキラ・ジョン)など100人くらい参席して日本支社設立記念式を行う予定だ。

豊富な資産と無借金経営でビジネス領域を拡大している同社は現在、米国を始め、カナダ、欧州、韓国、フィリピン、マレーシア、インドネシアなど世界約40ヶ国に進出している。特にライフファーム社の代表的製品である“幹細胞栄養剤”「ラミナイン(Laminine)」は、受精卵から10万種類以上の活性ペプチドを抜き出した特殊な“幹細胞栄養剤”として、全世界的に高い人気を得ている。同社は日本市場でも“幹細胞栄養剤”「ラミナイン」を主軸に、販売を拡大していく計画だ。

“幹細胞栄養剤”「ラミナイン」の最大の特徴は、細胞を活性化させて細胞の自然免疫と自然治癒力を高めること。安全性もすでに認められ、米国食品医薬品局(FDA)からGRAS(Generally Recognized as Safe)認証を受けている。

ライフファーム社の関係者は“幹細胞栄養剤”「ラミナイン」は100%天然の製品で、妊婦やお年寄り、ベビーなどの全年齢層が安全に使用することができ、日本でも消費者の支持を得ると期待している」と自信を示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染者が1万人を突破した。今年1月20日に最初の感染者が発生して74日目とな…
  3. ビットコイン半減期まであと1か月が残ているなか、価格上昇を期待する投資家らをがっかりさせる分析が出た…
  4. 世界的な仮想資産取引所バイナンスが仮想資産市況情報サイトのコインマーケットキャップを4億ドルで買収す…
  5. 米国投資銀行ゴールドマン・サックスが、新型コロナウイルスの拡散により米国の第2四半期の国内総生産(G…

おすすめ記事

  1. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  2. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  3. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
  4. 米国カリフォルニア州の共和党の下院予備選候補だったジョアン・ライト氏は先月27日、自身のツイッターで…
  5. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
ページ上部へ戻る
Translate »