北朝鮮労働新聞に習近平主席寄稿…非核化問題に積極介入示唆

北朝鮮労働新聞に習近平主席寄稿…非核化問題に積極介入示唆

-習主席「地域の平和安定に積極的に寄与」
-北朝鮮との戦略的意思疎通と交流を強化

今月20日に北朝鮮を訪問する習近平中国国家主席は19日、朝鮮労働党機関紙の労働新聞1面への寄稿文を通じ、朝鮮半島と非核化の問題に介入する事を示唆した。中国の最高指導者が訪朝を前に北朝鮮メディアに寄稿したのは異例の事だ。

習主席は寄稿文で「私達は北朝鮮側及び関係者と共に意思疎通と調整を強化し、朝鮮半島問題に関する対話と交渉に進展がみられる様、共に推し進める事で、地域の平和と安定、発展と繁栄に向けて積極的に寄与していく」と語った。

更に「中国は北朝鮮側が朝鮮半島問題を政治的に解決するという正しい方向性を堅持する事を支持し、対話により北朝鮮側の合理的な関心事を解決する事を支持する」と、「戦略的意思疎通と交流を強化してお互いを理解し、伝統的な中朝親善に新たな内容を付与する」と述べている。

中国官営メディアの新華社通信は17日、習主席の訪朝を公式に認めた。G20(主要20カ国・地域首脳会議)を目前にした時点で実現した習主席の訪朝については、北朝鮮を利用して中国と貿易紛争中の米国を圧迫し、非核化などの朝鮮半島問題にも介入して東アジアでの影響力を強めるためだとの分析もみられる。

この日の寄稿文により、習主席の訪朝の意図はより明確になった。実際に習主席は寄稿文で、非核化問題の解決とそのための交渉過程に積極的に参加するとの意思を明らかにし、北朝鮮とは戦略的意思疎通と交流を通じて緊密な関係を続けて行くと語っている。

一方、習主席の北朝鮮支持と非核化問題への介入意思に対し、労働新聞もこの日の記事を通じて「習近平総書記は数回に渡り、中国の特色である社会主義を堅持し発展させるために党をより強力に建設しなければならないと強調した」と、「中国共産党は偉大な夢と豊富を抱き、現代中国を復興の道へと導いている」と応えた。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  2. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  3. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  4. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  5. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »